「儚」ポエムを表示中

海月(くらげ)の唄

投稿日:2017-02-17 21:12:03


まずは言葉が必要だ
「「え?何?」」
だから言葉だって 聞いてたんだろう?

しっかりしろ
くだらぬ蜃気楼とおさらばだ
あぁ詩だっけ
書いた

...省略されました。全て読むにはこちら

思い出派

投稿日:2017-01-30 02:06:13

美しい儚げな言の葉はこの森

隣に感じる様みる僕が

貴女の見せる幻に。。

夢そのものなのでしょうか

遠くに夢を持って。持ちつつも放浪する

...省略されました。全て読むにはこちら

アサガオ

投稿日:2016-12-02 15:09:25

叶ったとしても
そのときは一瞬だ

儚さと悲しみが訪れる



今が一番幸せなんじゃないか?
とまで思ってしまうほどに


妄想にひたって

...省略されました。全て読むにはこちら

子守り詩

投稿日:2016-10-03 01:39:59

信じるとは幸福なこと
夢を諦めない限り夢には破れない、道理で僕は生きている

言葉に囚われて生命の声は届かない
虫の囁きも、風のざわめきも、ほんとは僕を

...省略されました。全て読むにはこちら

ギルト

投稿日:2016-09-13 22:09:50

浜辺の堤防に腰を下ろして様々な光を身体に焼き付けていた
ざらざらとしたアスファルトの感触がどこか懐かしかった

岸辺を離れていくクルーズ船のきらびやかな灯

...省略されました。全て読むにはこちら

夕陽

投稿日:2016-02-26 23:54:54



午後4時、作業が終わり4階の喫煙室にひとり

がらんとした殺風景なその部屋は、光に満ちていた

夕陽

その紅い光は胸を打つ

春の淡い

...省略されました。全て読むにはこちら

刹那

投稿日:2016-02-26 19:15:42

雪が降ってきた もうそんな季節なんだね
初めて君を観て
初めて君を知った

あの日あの場所で輝いていた君は
とても綺麗で言葉を失うくらいに
出会えた

...省略されました。全て読むにはこちら

サンクチュアリ

投稿日:2015-12-21 23:59:18

「こっち来んな」って喚き散らしてあらゆるもの遠ざけたのは僕なのに
いざ誰も来ないと「結局一人か」なんて儚げなセリフ吐いてる

弱く脆い自分を隠すために優し

...省略されました。全て読むにはこちら

本心

投稿日:2015-08-22 23:07:20

心臓が、ビリビリと
音を立てて、千切れる

心臓が、キリキリと
音を立てて、痛む

心臓が、チクチクと
音を立てて、軋む


それでも笑う

...省略されました。全て読むにはこちら

たららうた

投稿日:2015-08-17 19:57:13

踏み出した右足を意識して
高鳴る心臓に恋をする

命令するまでもなく駆動を始め
音が鳴り響くままに世界を駆ける

湿度の高い故郷もまた
走り抜けれ

...省略されました。全て読むにはこちら

はるか

投稿日:2015-04-06 20:30:45

冬を越えて花が咲くように
暗いトンネルの先に見える景色を春と言うのでしょう

小さな花かもしれない、綺麗じゃないかもしれない
でも、私はそれを幸せと感じ

...省略されました。全て読むにはこちら

詩人の言ノ葉

投稿日:2014-05-30 11:19:59




さらば らば らば 夢見頃

儚さ際立つ暗粉の血潮

またね たね たね いつの日か

気持ちいいくらい縒がって欲しい

今世で参ら

...省略されました。全て読むにはこちら

先生

投稿日:2014-04-03 10:58:19

ねえ先生?

決して口では言えない想いを
ここにぶつけさせてください

貴方を初めて見たとき
なんて嫌味な性格をしているんだろう
って思ったの

...省略されました。全て読むにはこちら

恋 ものがたり

投稿日:2013-10-26 09:50:50

はじめて 触れた その 指の
やわらかな ぬくもりが

渇いた ぼくの こころを
やさしく つつんでくれた

はじめての 愛の告白
はじめての 恋

...省略されました。全て読むにはこちら

変わらないこと

投稿日:2013-09-17 22:45:26

生まれ落ちたすべてに     最期がくるのなら

呼吸を始めたものすべてに   終わりがあるのなら

こうして今、笑いあっている時間も、君も、あなたも

...省略されました。全て読むにはこちら

僕の知ってるコト

投稿日:2013-08-12 12:20:46

叶わないこと知っているよ 願いが叶わないことも
一生懸命生きた花も すぐに踏まれてしまうような世界だから
それでもいいから 願わずにはいられない
こん

...省略されました。全て読むにはこちら

僕の知ってるコト

投稿日:2013-05-30 08:41:43

叶わないこと知っているよ 願いが叶わないことも
一生懸命生きた花も すぐに踏まれてしまうような世界だから
それでもいいから 願わずにはいられない

...省略されました。全て読むにはこちら

愛した風景

投稿日:2012-12-18 22:03:50

嘘と共に生きていく
大切な人さえ欺いて
そうでもしないと絶対に
誰かが「死」へと向かってしまう
だから嘘と共に生きていく
境遇がそうさせるから

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2012-10-08 00:02:38


ぶわっと強い風で青空にピンクの花びらが散る。

まだ肌寒く、帰路の足も速くなるこの季節。
その美しさと儚さに思わず足を止めてしまったのを覚えている。

...省略されました。全て読むにはこちら

無題1

投稿日:2012-10-07 10:42:53

私は突然自分自身の醜悪さ、儚さ、残酷さ、無力さに気づき、自分という存在そのものを一掃してしまいたくなる時がある。
そういった気持ちになるきっかけは、客観的に考

...省略されました。全て読むにはこちら

雪よ

投稿日:2012-03-23 13:39:18


俺は消えてしまいたいのです

こんなに胸が痛むのだから
もう、疲れるほど生きたのだから

十分でしょう?

生きる意味がないのです

君が

...省略されました。全て読むにはこちら

エンディングロールは常に寂しく

投稿日:2012-03-07 11:43:58

儚ないものほど最後の一瞬は美しいほど輝く。悲しいほどに。
君と僕は最後を唄う。

お星さま

投稿日:2011-11-09 21:56:30


”こんばんは”

こんばんは

”貴方は、何をされているのですか?”

私は、空から落ちてくる星を、見ているのです。

”星が?落ちてくるの

...省略されました。全て読むにはこちら

透明

投稿日:2011-06-29 21:24:40


キミと初めて逢った時、
キミのキレイな横顔に驚いた。
こんな、キレイなひとがいるんだなーって。
透き通るような、キレイなひと。
雰囲気も、透明だった

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2011-05-24 20:23:27

時の儚さを何に例えればよいのだろう

私の手から零れ落ちる黄金の砂のように
あるいは、背中に生える透明な翼のように

不可逆の連続したどこまでも連なる

...省略されました。全て読むにはこちら

指の間から毀れる砂のような

投稿日:2010-12-13 23:20:14

その瞬間はただ
世界だけが存在する
頭の中に
爆発的規模の世界が
存在を鼓舞するように
そこに居て
ただ、すぐに
消えてなくなってしまう

...省略されました。全て読むにはこちら

ハッスル、のち空回り、冬

投稿日:2010-11-06 01:37:57

悲しみに明け暮れて毎朝トイレで泣いています
途轍もなく貴方が恋しいです
寒くなってきたから一緒にいたいのに
誰が悪いという訳でもない不可抗力なので
貴方

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る