「安らか」ポエムを表示中

蚱 蝉(なわせみ)

投稿日:2017-08-27 02:10:23

刃(じん)を迎えて解いた者々にどこまで立ち向かえるか
未来の盃を交わす前から 判っていた筈だ
遮(さ)うことなどべうもあらずと
なのに・・・・・・
 

...省略されました。全て読むにはこちら

贖罪の家系図

投稿日:2017-07-25 01:10:10

子供達が暖かな御飯を食べて安らかに眠る世の中を作れなかったのは我々大人の責任だ。
子供達もやがて大人になって今を生きる我々と同じ責任を感じ悔いるのだろうか……

...省略されました。全て読むにはこちら

愛の形

投稿日:2017-03-30 21:41:40

愛の虜となりて
語り尽くせぬ疑問を抱えて日々思う
ソクラテスもプラトンも
全ての謎は解けたのだろうか
言葉の箱に答えの替わりを押し込んだだけかもしれない

...省略されました。全て読むにはこちら

祈り

投稿日:2017-03-23 15:46:35

私の大切な人の心に
優しい風が吹きますように

雲の厚い朝は
眩いまでの灯りを

雷の鳴る夕方は
安らかな香りを

雨の降る夜は
暖かい歌を

...省略されました。全て読むにはこちら

夕方の光の中に

投稿日:2017-03-19 17:59:17

息子が妻の脚のようになっている
二人とも座りながら眠っていて
見事に散らかった部屋の主となっている

あぁ神様
この幸せがどのくらい続くのでしょう

...省略されました。全て読むにはこちら

もっと、強く

投稿日:2016-12-10 22:09:00

普通になんていまさらなれない
どんなにまともを演じたって俺の立ち位置がキチガイなら
いっそそれで勝負するしかなくなった
不愉快率100%の湿度
誰かの涙

...省略されました。全て読むにはこちら

つれていって

投稿日:2016-10-25 02:28:46

布団に体を暖め
枕に頭を冷やし

良い夢がみたい
などと願いつつ
悲しかった今日も
夢であれと思う

なんにもないところへ
連れていってくださ

...省略されました。全て読むにはこちら

秋の早朝

投稿日:2016-10-01 16:34:30

しっとりと
草の香り
ひんやりと
心地よい もや
ゆっくりと
目を覚ます 太陽
すやすやと
鳥は いまだ

...省略されました。全て読むにはこちら

天国の鐘の音

投稿日:2016-06-07 17:15:26

気が狂う程ガンガンと
終りの鐘が鳴り響く
暴走族の騒音は
この鐘よりはマシだろう

僕は一人ここから飛び立つ
安らかなる天へと向かう

僕の背中

...省略されました。全て読むにはこちら

死神

投稿日:2016-06-06 10:46:53

僕は死神死の時期を操れる
僕は死神他人の未来をみる事が出来る
不平等で始まり、平等で終わる
そんな他人の人生を
終わらせる為に現れる

僕は死神キミ

...省略されました。全て読むにはこちら

grace of God

投稿日:2015-10-03 18:09:52

安らかに眠れ

一切の罪を忘れて

彼は貴方を許すだろう

その営みをもって

安らかに眠れ

なんら気に病むことはない

それが償いな

...省略されました。全て読むにはこちら

被食者の勝利

投稿日:2015-09-19 19:29:47

オオカミが鳴いている
オオカミが鳴いている

おおう
おおう

むくりと首をあげ、耳を立てる

オオカミが鳴いている
オオカミが鳴いている

...省略されました。全て読むにはこちら

新宿副都心八月八日

投稿日:2015-08-08 10:21:07

江戸っ子と考える
ビルにしみ入る蝉の声

否みますまい
否みますまい


昔は昔の心
今は今の心

安らかに見るべし
ただそう見るべし

...省略されました。全て読むにはこちら

喫茶店

投稿日:2014-05-31 22:13:38

あなたを思い出したくて

ふいに立ち寄った喫茶店

コーヒーの香りに心癒される

向かいに座って語る

あなたの穏やかな微笑み

流れる安ら

...省略されました。全て読むにはこちら

『愛され飢えた乙女』

投稿日:2014-01-11 22:46:16

愛され乙女 縛られた首鎖
溢れ出す愛情の 証の液体
憎まれ乙女 殴られた青い痣
打撲の渋い痛みは やがて快楽に変わる

周囲の好奇の目に向けられた華は

...省略されました。全て読むにはこちら

そこにボクがいなかったら…

投稿日:2013-08-22 18:08:26

いつもと同じ風景、
いつもと同じ時の流れ、
当たり前にあるものだと思ってた。

この手の温もりも、
この目の輝きも、
この声の響きも、
もう何処に

...省略されました。全て読むにはこちら

君に五十の愛上を

投稿日:2013-04-20 22:08:47


君に五十の愛上を


明日
いつもの
裏道で
笑顔を連れて
おはようと

一歩踏み出した。

空っぽの
綺麗な
口から
削られた

...省略されました。全て読むにはこちら

愛し君 せめて安らかな 愛を贈る

投稿日:2013-03-29 03:32:52

 お元気ですか。
私は元気です。新しくアルバイトをはじめて、毎日楽しく暮らしております。
叱られることも多いけれど、よっしゃ、できた!と思えることも増えてき

...省略されました。全て読むにはこちら

やっぱさ

投稿日:2013-01-24 19:50:44

傷つくほど人は優しくなれるというけれど まあ 確かにそうかもな でも 再起不能なこのメロディー 痛すぎちゃ生きていくのは困難すぎる たまには安らかな眠りを

...省略されました。全て読むにはこちら

後悔は、やはり後になってから悔やむモノ

投稿日:2013-01-08 01:51:59

どうして…。


そう思っても、
もう遅いんだ…。


どんなに悔やんでも、
今となっては、
後の祭り。


もしも今朝、
私がいつも

...省略されました。全て読むにはこちら

胸が痛むこんな夜は

投稿日:2013-01-06 23:47:51

どくん…どくん…どくん…

胸の鼓動が、
静かな暗闇のベッドの中で鳴り響く。

私が生きている証。

ヒトの心は、
生物学的にも医学的にも、

...省略されました。全て読むにはこちら

白い世界

投稿日:2012-07-15 15:33:31

美しき純潔の百合の花
辺り一面に咲き誇る
白い世界
上を見上げれば鳩の群れ
遠くの方で教会の鐘が鳴る

耳を済まして
囁こう幸せの歌

永遠の

...省略されました。全て読むにはこちら

今日の想い

投稿日:2012-02-08 10:51:33


人は儚い

空に消えたあの人を想い

今日を想う



私のそばで笑っていてくれる あの人も
              この人も

...省略されました。全て読むにはこちら

自殺志願者

投稿日:2012-01-28 14:22:20

的を外れた想い 潰れそうに重い
誰もを照らす太陽ですら 何も見せてはくれない
足掻こうにも光は 絶望を照らすだけ

青く透き通った空は 誰も愛せないと嘆

...省略されました。全て読むにはこちら

空の金魚蜂

投稿日:2012-01-21 19:46:45

私が金魚を殺しました。
理由なんてありません。衝動的だったのです。

金魚蜂には、水草と水しかありません。
当の主人はいないのです。
今は、土の中で永

...省略されました。全て読むにはこちら

無題

投稿日:2011-12-25 12:01:45


愛は欲を満たそうとせず

己の事は気にもかけず

他のものに安らかさを与え、

地獄の絶望の中に

天国を創る

...省略されました。全て読むにはこちら

初雪。 ‐ 長編 ‐

投稿日:2011-11-20 22:02:06

去年も
一昨年も
ちょうど今頃に
初雪が降ったね。

『ねぇ知ってた?
 初雪を一緒に見れた2人って
 ずーっと一緒にいれるんだって。
 これっ

...省略されました。全て読むにはこちら

わたしのもう一つの未完全な幸せ

投稿日:2011-11-11 18:53:46

何か感じたとき
自分の心も沈み、想いが詰まるとき
ちょっとしたポエムを書くこと


想ったことを
綺麗な言葉で書く


そして誰かの心を

...省略されました。全て読むにはこちら

わたしの聖域

投稿日:2010-02-23 10:27:01

あなたと わたしの 創世(はじまり)の場所

天使たちが飛び交う

わたしの聖域で わたしの聖域で ああ

どこへ? あれほど付き纏っていた
嘘や

...省略されました。全て読むにはこちら

夢の理由

投稿日:2009-11-17 18:24:56


彼は 病気の人を
治したくて、毎日必死に勉強する。
たまに諦めるけど、また夢をみる。

彼女は 悲しむ人を
減らすために、犯人を追いかける。

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る