「密やか」ポエムを表示中

宵について

投稿日:2018-08-28 23:23:12

金色の巻き毛の中で彼は眠った
ああ 誰が安楽かな幸福を目覚めさせようか
この乱れることのない静寂けさを?
彼の睫毛が歓びに震える時 木々はおとなしく息を潜

...省略されました。全て読むにはこちら

過去になる日

投稿日:2017-12-13 16:18:08

少しずつ
少しずつ
君が薄れていく


新しい土地
新しい部屋
忘れようとしているのは
自分なのだけれど


いつか過去になる日が来ても

...省略されました。全て読むにはこちら

停車場で

投稿日:2017-04-18 06:43:00

乗り遅れた約束のバスを見送って
青い雨が降り続くこの停車場に
僕はずっと立ちつくしている

やがて雨雲を風が連れ去り
澄み切った川の水流が泥で汚される

...省略されました。全て読むにはこちら

Autumn gold

投稿日:2016-09-24 23:20:49

密やかな黄金が私を染める

私はその輝きに魅了される

これはあなたの記憶なのだろうか

それとも舞い降りた追憶の輝きなのか

降り積もる黄金が

...省略されました。全て読むにはこちら

不倫

投稿日:2009-07-29 21:23:56

レーズンと云う響きに私が想うのはロシアである。

乾ぶどう特有の匂いに苛々して、土塊や樹木やあるいは人のからだを蹴り上げる、少年たちの紅潮する頬はうつくしい

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る