「懐かしい」ポエムを表示中

秋の時間列車

投稿日:2017-10-31 13:51:34


夕焼け色の葉が落ちる。
向こうから懐かしい匂いがした。

もう、こんな季節なんだ。

時間が経つのは本当に早い。
私はしっかり
着いていけてい

...省略されました。全て読むにはこちら

私の隣には

投稿日:2017-10-28 08:56:20

ヘッドホンを耳に押し当て
お気に入りの曲を聴いていた
いつの間にかイヤホンに代わり
私は右の耳にあなたは左の耳に
お気に入りの曲を聴いていた
聴き飽き

...省略されました。全て読むにはこちら

シャッター

投稿日:2017-10-21 18:10:21

何年後か   何十年後かにきっと

こいつを見たら僕は  懐かしい  なんて思ったりするのかな

思い出すのかな

こんなに君とよく話した場所なのに

...省略されました。全て読むにはこちら

「オレンジ」

投稿日:2017-10-13 23:46:47

言葉の紡ぎ方を
誰かが教えてくれた
その人の顔と名前は
忘れてしまったけれど
その事だけは覚えている

赤と黄色を混ぜると
綺麗なオレンジ色が作れ

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-10-09 19:12:46

私は哀しい

あの頃の記憶や

懐かしい思い出は

変わらないのに

月日は流れて

人は変わって

はるか遠くへ

私はずっと

...省略されました。全て読むにはこちら

大人になった私達

投稿日:2017-10-02 00:27:47

小指で指切りをしたね
公園でどんぐり拾ったね
楽しい日々は薄れゆくね
私はもう笑えないよ
一生分笑ってしまったからね
私はもう泣けないよ
悔しみなが

...省略されました。全て読むにはこちら

水族館

投稿日:2017-09-18 12:18:49

水族館が好きだ。
神秘的で、懐かしい気持ちになれる。
水族館が好きだ。
暗くて、冷たくて、感傷的になれる。
水族館が好きだ。
私の親はきっと、魚だと思

...省略されました。全て読むにはこちら

夢の中の罪

投稿日:2017-09-07 02:18:03

夢の中へ侵食する
深層心理
夢の中の罪
あなたを見捨てた私

弱弱しく横たわる美しい犬
それがあなたを投影していたと気づいたのは
目が覚めた後

...省略されました。全て読むにはこちら

夜々の底で

投稿日:2017-08-28 06:37:06


見失った「影」を探して
旅に出た僕の身体は
夜々の底で一つの宝石を見つけた…
汚れた掌の中で輝く
その透明な色の中で
炎が揺らぐと
陽炎が這い出

...省略されました。全て読むにはこちら

「好きなもの一つ増えた」

投稿日:2017-08-24 20:56:34

すっかり暗くなった空を見上げて
過ぎていった時間に気がついた
あの何もないと、思った全てに
私の全てがあったんだ

「あなたと出逢えたから」
なんて

...省略されました。全て読むにはこちら

思い出

投稿日:2017-08-06 10:53:08

小さなあなたをみていた

あなたの拙い歩みをみてきた

いつしかあなたは

大人になった

それでも

あなたは私の子供

私はいつまで

...省略されました。全て読むにはこちら

そう望むなら

投稿日:2017-08-01 06:39:06

吐息の凍るこんな夜

懐かしい声を求めてる

凍える身体抱きしめて

涙を拭いたあの時のように


雪舞う街をひた歩き

景色と一緒に染ま

...省略されました。全て読むにはこちら

明日のTVアニメ(地上波関東版)07/19

投稿日:2017-07-18 17:46:13

今日の一言:背中が濡れているのは、汗じゃない。俺の血?寒気がし、夢を見た。単車の、横で、正座して、来ちゃダメだと言うように、悲しげな顔の、懐かしい友、その友は、

...省略されました。全て読むにはこちら

明日のTVアニメ(地上波関東版)06/17

投稿日:2017-06-16 16:38:22

今日の一言:人を騙して傷つける人よりも、騙されて傷つく人であれ!なんてかっこいい事言っていた頃が懐かしい。人を騙す人にも騙される人にもならないほうがもっといい!

...省略されました。全て読むにはこちら

ぬいぐるみ

投稿日:2017-05-06 11:40:58

私の目に映る鮮やかな景色も
騒がしいけど心地いいこの音も
懐かしいと感じるこの匂いも

壊さないようにしまっても
気づかないうちに穴が空いて

...省略されました。全て読むにはこちら

苦悶

投稿日:2017-04-15 12:07:01

思い出がぼくに声を掛けてくる
どいつもこいつも
偉そうな面を引っさげていて
そいつは懐かしい女の顔だったり
もう忘れて久しい旧友の顔だったりする

...省略されました。全て読むにはこちら

古い散文と言い訳

投稿日:2017-04-06 07:13:30


ゴミの生活、ゴミの呼吸、ゴミの排泄
死にたがりの嘘で、何人の人が、人間を「心」から呪えるだろう?
僕らは今、悪意の中にいる。善意は、もはや飼いならされた

...省略されました。全て読むにはこちら

優しい詩

投稿日:2017-03-30 20:56:33

できそこないのクレヨンで
少女が白い画用紙に描くのは
できそこないの風景画

できそこないの魂で
男が黒いノートに綴るのは
できそこないの散文詩

...省略されました。全て読むにはこちら

水宝玉の夢

投稿日:2017-03-27 18:54:27

短冊に書いた願いが
夜空から吹く
この星の気流に乗って
僕に話しかけてくることがある

僕は確かに二つの酔いを感じた
アルコールと
それから惨めな

...省略されました。全て読むにはこちら

廃屋と幽霊

投稿日:2017-03-26 23:09:00

古ぼけた懐かしい記憶
田舎の夕暮れが
血みたいな赤黒い光で
手を引く老婆の顔を
恐ろしげに塗りたくっている
それはまるで
妄想の一部みたいだ

...省略されました。全て読むにはこちら

☆オオドロボウ

投稿日:2017-03-19 00:01:03

きっと1フレーズ目はどこかの歌詞かなんかだろう

好きな曲だろうか、思いついた曲だろうか

もしかしたら嫌いな曲かもしれないし

自分じゃなくて好き

...省略されました。全て読むにはこちら

☆オオドロボウ

投稿日:2017-03-19 00:01:02

きっと1フレーズ目はどこかの歌詞かなんかだろう

好きな曲だろうか、思いついた曲だろうか

もしかしたら嫌いな曲かもしれないし

自分じゃなくて好き

...省略されました。全て読むにはこちら

いつも来るような夜

投稿日:2017-03-18 00:15:43

大好きな匂い
ほら 懐かしい
インスタントのコーヒーを
久しぶりに飲んでいる
寝ぼけた朝

昨日がある
今日もあるし
過去も その

...省略されました。全て読むにはこちら

この世でいちばん遠い詩 (序文)

投稿日:2017-02-22 08:54:34

僕は歩いていた ともかく何処かを目指して
夜空には満天の星が
穴を開けた黒色の画用紙 そこから漏れ出す光みたいに
空っぽの宇宙 それを弱々しく着飾ってい

...省略されました。全て読むにはこちら

Silver fish on a ship

投稿日:2017-02-19 08:35:37



もう呪えないのだ
憎しみは遠く
インド洋を泳ぐ魚の銀色の鱗のように
打ち上げられた船上で
太陽の光を受けて虚しく輝く
呪うことも 愛することも

...省略されました。全て読むにはこちら

黒い指先

投稿日:2017-02-15 20:47:01

私はビンの中に入れられて研究材料になった
彼女の元であんなに楽しく過ごしていたのに
全てはうたかたの夢と消えた
私が生まれたのはいつだったろう遠い昔の事で

...省略されました。全て読むにはこちら

黒い指先

投稿日:2017-02-15 20:46:42

私はビンの中に入れられて研究材料になった
彼女の元であんなに楽しく過ごしていたのに
全てはうたかたの夢と消えた
私が生まれたのはいつだったろう遠い昔の事で

...省略されました。全て読むにはこちら

お札の気持ち

投稿日:2017-02-05 12:07:54

私ってね
1人ぼっちはすごくイヤなの
仲間と重なり合わなきゃ
すぐにでも出ていきたいわ
それにね汚い部屋も嫌なの
ズボンのポケットなんて
もってのほ

...省略されました。全て読むにはこちら

思い出派

投稿日:2017-01-30 02:06:13

美しい儚げな言の葉はこの森

隣に感じる様みる僕が

貴女の見せる幻に。。

夢そのものなのでしょうか

遠くに夢を持って。持ちつつも放浪する

...省略されました。全て読むにはこちら

夢にゆられて

投稿日:2017-01-21 09:10:33


..懐かしい 景色に、出会う


溶け込みあう様な窓辺に覗いて

明日の様な ただ 何も無い水色

何も無い ただ 染まりきる事の出来た 蜃気

...省略されました。全て読むにはこちら

予感

投稿日:2017-01-02 23:11:49

心臓の血管には なにかが詰まっている
からっぽな脳みそでは処理できなくて
乾いた咳をする胸が ひっそりと疼いた

路面電車の窓枠に塗られた空色も
喧噪

...省略されました。全て読むにはこちら

☆ユメ

投稿日:2017-01-02 04:48:07

深夜3時ごろ

俺の呼吸は荒く
瞼が勝手に開く

この行動に故意はない
まぁ、意味もない

汗がひどい

この内容は、80%ほど消滅する

...省略されました。全て読むにはこちら

待ち合わせ

投稿日:2016-11-29 01:56:39

約束だけでもよかったんだ

いつかいつかと
胸に抱えているだけで
悲しいけれど嬉しかったから
楽しみだけれど怖かったから

そんなふうに思ったのも

...省略されました。全て読むにはこちら

「草原-海」

投稿日:2016-10-28 22:28:19

夜の草原に一人立つ
その光景は海のように、
吸い込まれそうな黒の色

夜の海を一人渡る
漂いながら溶けていく、
混ざり合いながら夢を見る

夜の

...省略されました。全て読むにはこちら

かあさん

投稿日:2016-10-07 08:10:34

母さん
あなたはこんなに細かったっけ
ふくよかなあなたの胸が懐かしい
母さん
ずっとあの頃のままだと思っていた
柔かなあなたの胸が懐かしい
母さん

...省略されました。全て読むにはこちら

宴の夜

投稿日:2016-09-10 02:09:10

 



それは静かで とても騒がしい夜のこと

落ち着きのない風が黒い木々の眠りを妨げ
耳を塞いだ月も姿を隠す

誰も居ない、あなただけが歩

...省略されました。全て読むにはこちら

東神奈川pm11:45

投稿日:2016-08-16 23:17:20

豪雨に打たれながら駅へと向かう

終電を逃さないためだ

横断歩道を駆け足で渡り、中木戸駅との連絡通路へ上った


ふと嘘のように急に雨が止む

...省略されました。全て読むにはこちら

あなたへ

投稿日:2016-06-13 16:12:01

あのころの日々が今になっては懐かしい
当然だと思ってた時間はもう戻ってはこないだろう

あれから私は心に棘(トゲ)が刺さったまんまでぽっかりと大きな穴も空

...省略されました。全て読むにはこちら

友が残してくれたもの

投稿日:2016-06-12 14:59:16

幼い頃の 懐かしい友
20年ぶりの再会
笑顔で 何気無い会話を交わす
何も知らないふりをして

私は 本当は知っていた
あなたの命

...省略されました。全て読むにはこちら

楽天の銀次

投稿日:2016-03-19 21:00:53

本来は目立つ色だが時を経て自然な色の安全の旗


入り口の五から喪服の男性が出てきて朝に向け口ひらく


石ころを懐かしい気持ちで蹴れば軌道いじけて

...省略されました。全て読むにはこちら

楽天の銀次

投稿日:2016-03-19 21:00:53

本来は目立つ色だが時を経て自然な色の安全の旗


入り口の五から喪服の男性が出てきて朝に向け口ひらく


石ころを懐かしい気持ちで蹴れば軌道いじけて

...省略されました。全て読むにはこちら

夢をもう一度

投稿日:2016-03-14 01:34:07

「おかえり」
そう言ってくれる人はいなくなっていた
どこにもいなかった


種を植えた
目が痛くなるほど如雨露いっぱいに涙を溜め込んで、水をあげた

...省略されました。全て読むにはこちら

私の心はただ夜に

投稿日:2016-01-23 22:24:24

私の心が
ただ夜に
こうして ただ
ただ いることは

私の心が
未来とか
過去を眺めて
嘆くよう

私は
私を
責めるよう

私は

...省略されました。全て読むにはこちら

Forever with you

投稿日:2016-01-10 12:18:01

Forever with you,Forever with sky
一緒にいた時間(とき)のすべてが
消えないように ただ祈る…

I think yo

...省略されました。全て読むにはこちら

流れ星のように

投稿日:2016-01-03 17:13:36

春、桜の花弁が散ったあと
思いもよらない出逢いにおびえた
すべてが新しい季節
そんな時はあの日のことを思い出して

夏、黄色い向日葵が咲いたあと

...省略されました。全て読むにはこちら

サザエさん症候群

投稿日:2015-12-16 03:26:10

溜め息ばかりの 日曜日
そう、昨日まで楽しかった
楽園だった 思い返すだけで 懐かしい
朝日を浴びて、気持ちいい、そんな日々が続いたら
やめろ やめろ

...省略されました。全て読むにはこちら

万年10位

投稿日:2015-11-03 17:21:58

「頑張ってなくても

テストでそこそこの 点数をとれていた

いつも 学年で 10位だった

わからない問題は 白紙で

名前を いかにキレイに

...省略されました。全て読むにはこちら

100円玉を拾うように

投稿日:2015-10-04 00:11:48

子どもみたいに歩道橋の上から通り過ぎていく電車と微かに光る街を眺めていた
滲む景色が陽炎みたいに僕をあの日へ連れ戻す



ファンタジー小説やカードゲ

...省略されました。全て読むにはこちら

辺獄で会いましょう

投稿日:2015-09-12 12:06:39

九月になったなら(なったなら)
懐かしい写真を見るような
遠い青空の彼方まで
あなたの貴方を送り出し
見えなくなるまでうちながめつつ
いただきましょう

...省略されました。全て読むにはこちら

バカンス小考

投稿日:2015-08-09 10:46:27

そろそろ
虫のな
虫目を忍ぶ
ハイカラな戯けよ
つれない
だらしない
寝ても覚めても
花言葉
とどのつまりが
戯けなわけよ
もろもろ
いろ

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る