「暗い」ポエムを表示中

ウルトラバイオレット

投稿日:2018-10-08 15:04:23

暗い暗い深海で
白いエビたちが噂話をしていた
海の上の方には光というものがある
そこには色というものがあるのだそうだ
エビの一匹は色が見たくて
海を登

...省略されました。全て読むにはこちら

幸せだった日々 筆者;私と彼

投稿日:2018-08-23 17:12:27

蛇口に滴る水の音が暗い部屋に響く

いい加減明かりをつけて蛇口もしめよう

そして、この原稿は奥深くにしまっておこう

もう見たくない

だけれ

...省略されました。全て読むにはこちら

フクロウと神様

投稿日:2018-07-17 08:18:26

ないものはないんだって。

そんなものは頭でわかってても。

掴めそうなんだ。

届きそうなんだ。



何を追い続けてるのか?


...省略されました。全て読むにはこちら

ランドマーク

投稿日:2018-07-15 15:59:32

悲しみのあと
すんだ空は
いつかの誰かの
笑い顔によく似てた

意気地なしの
震えた声
君が泣いてたのは
今なら少しだけわかる気がする

...省略されました。全て読むにはこちら

歩く

投稿日:2018-07-15 15:14:59

僕は
ちゃんと歩けているだろうか



暗い闇の中
変わらない景色
前へ進んでいるのかも
わからなくて



それでも
ちゃんと歩いて

...省略されました。全て読むにはこちら

僕はね

投稿日:2018-06-09 23:32:29

わかるかな?

果てのない階段を登り続けるような
世界中の砂つぶを数えるような
ねこに道を聞くような

明るい日の光の下を真っ黒な薄衣をあたまから被

...省略されました。全て読むにはこちら

休めよ 行進曲

投稿日:2018-06-07 18:11:51

そりゃ僕らは生きている
嬉しい事や楽しい事も
悲しい事や腹たつ事も
全部生きているからこそ

そりゃ人生山あれば谷もある
毎日が明るく輝いていたり

...省略されました。全て読むにはこちら

ハイネズミ

投稿日:2018-05-02 00:00:30

この灰色の僕はこのきれいに彩られた世界ではあまりにも醜すぎる

まるで僕は嫌われもののハイネズミ

ハイネズミは色のない世界の外に出ることを許されない

...省略されました。全て読むにはこちら

思い出

投稿日:2018-04-21 21:52:03

もう全部忘れたはずなのに
こころが動揺するのは何故だろう
そんなくだらない問いを今さら
考える気もしないけど
どうしようもなく君が目に留まる
まるで宝

...省略されました。全て読むにはこちら

ものさし

投稿日:2018-02-20 00:13:40

清く正しくいたいんだ  誰だって

”仕方ない”ってなんだ

プロだからって  大人だからって

そこに理由は必要ですか?

君は「そんなことで

...省略されました。全て読むにはこちら

人間賛美歌

投稿日:2018-02-10 22:01:45

明るい歌を歌う
暗い時にこそ

強がりと言われても
そうする他に術がない時は
それにすがればいい

腹を抱えて笑う
泣いている時にこそ

...省略されました。全て読むにはこちら

社長

投稿日:2018-01-29 17:05:56

頑張る人、雇った人、苦しい道のりとは無縁な人、こんなに苦しいのに、この人は辞めたら終わり、歯がゆく、切なく、羨ましい、つい当たる、もどかしい思い、好きな道に進ん

...省略されました。全て読むにはこちら

アクエリアス

投稿日:2018-01-27 21:20:24

大事なモノが 一つずつ 欠けていっても
失うために またヒカリを探し出す
もう二度と 傷つかなくてすむのに
ボクはいまだに 感情を壊せずにいる

アク

...省略されました。全て読むにはこちら

きっと救われて

投稿日:2018-01-10 21:49:22

急に訪れた暗い夜
無力に泣く人々の波
貴方は泣いていなかった
1人空をみつめていた

皆が泣くのをやめた朝
貴方は1人泣いていた
まだ見ぬ人の死の

...省略されました。全て読むにはこちら

気づいた

投稿日:2017-12-25 13:08:25

いろいろ言ったけど
いろいろ想ったけど
どうやら
私はあなたになりたいらしい
安心して眠りたい
バカ笑いして
暗い影など感じたくない
あなたのかっ

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-12-22 03:12:32

この冬に
もし雪が降ったら
空を舞う粉雪のひとつひとつに
名前をつけてあげよう

病気と闘っている「がんばれ」くん

去った人を想い忍ぶ「ありがと

...省略されました。全て読むにはこちら

君と僕の「寂しい」

投稿日:2017-12-13 02:15:22


君の言う「寂しい」が分からなかった
会いたいわけじゃなくて、
電話をしても失くならないみたいで
ただ、「そうだね」って僕が返すと
「違うんだよなぁ」

...省略されました。全て読むにはこちら

さようなら・・・。

投稿日:2017-12-10 21:16:46

おはよう
・・・さようなら。
こんにちわ
・・・さようなら。
はじめまして
・・・さようなら。

出会いながら
別れる人生ね。

あなたの笑

...省略されました。全て読むにはこちら

ここから‥‥

投稿日:2017-11-20 22:35:35

‪何が欲しい?‬

‪黒曜石のアクセサリーと‬
‪ゴツいヘッドホンと‬
‪暗い色の外套‬

‪買えるの?‬
‪買えないよ。価値がないから。‬

...省略されました。全て読むにはこちら

夜空の旅

投稿日:2017-11-04 12:36:12


あぁ、疲れたなと
思ったら、
暗いお空に旅しよう。
三日月お舟を浮かべたら
夜しか出来ない空の旅。

進め、進め!
三日月舟!

お星さま

...省略されました。全て読むにはこちら

わかること

投稿日:2017-10-27 20:34:59

起きてるのか寝てるのか分からなくて

暑いのか寒いのかも分からなくて

暗いのか明るいのかも分からなくて

広いのか狭いのかも分からなくて

...省略されました。全て読むにはこちら

猫の街

投稿日:2017-10-25 00:05:39


三日月浮かぶ、空の下。
パラパッパッパッパ
走ってく。

街灯もない、暗い道。
パラパッパッパッパ
夜の旅。

着いた着いた、僕の町。

...省略されました。全て読むにはこちら

孤独と勇気

投稿日:2017-10-07 22:49:35

孤独に感じる時は 自室にいる時で
外に出ると 弱さを見せられなくて

別に隠してる訳じゃないんだけど
暗い自分を晒すことに慣れないだけで
いつの間にか

...省略されました。全て読むにはこちら

満月の夜

投稿日:2017-10-07 16:50:51

ダメだって言われちゃえば(もっと…) 好きになっちゃう
自然の原理?  
怖いくせに  飛びたがるの 矛盾してんの?
…笑えちゃうじゃない
危険な街  

...省略されました。全て読むにはこちら

色彩感覚

投稿日:2017-10-01 20:14:19

田舎だ田舎だ田舎にいるぞ、僕の心は田舎にいるぞ、田舎は怖い暗い、こわいが無を教えてくれる。都会は安心と夢を教える。田舎に憧れるとか夢のようなことを言っているが、

...省略されました。全て読むにはこちら

絶望の連鎖

投稿日:2017-09-30 16:20:13

絶望を乗り越えたら光が見える、って言うけど
光を見る前に、絶望の中に埋もれたまま、消えてしまう人もいる

その絶望はまた、新たな絶望を生む
絶望の連鎖

...省略されました。全て読むにはこちら

明け方の夢

投稿日:2017-09-20 05:34:36

午前5時半
胸がいっぱいで目が覚めた
まだ外が暗いのに

足取りがふわふわする
まるでこの世じゃないところを歩いてるみたいに

優しく、不思議な感

...省略されました。全て読むにはこちら

窓の外

投稿日:2017-09-09 20:46:00

この窓の外には


きっと君が自由に飛び回って


笑っている世界がある


私がいるこの窓の内側は


閉じ込められて忘れ去られた

...省略されました。全て読むにはこちら

夜の心

投稿日:2017-09-07 00:35:11

暗い部屋の中

天井を見上げ今までの自分について考える

なんて中途半端で怠惰な人生だったのだろう。

死んでしまいたくなるような醜さ。

人生

...省略されました。全て読むにはこちら

やめて

投稿日:2017-09-04 03:01:31

本音を1度も言わなかったのに
私がいなくなることで悲しむのはやめて
人間なのに無私の人みたいに
神様のように優しくしようとすることは
私の口をふさいでし

...省略されました。全て読むにはこちら

灯篭流し

投稿日:2017-08-29 17:06:28

偶数月の8日
街灯もない暗い夜道に車が走る

これは幼い私のかすかな記憶

車が止まり、小さな菓子箱に
ローソクと、線香と、少しのお菓子と塩を乗せ

...省略されました。全て読むにはこちら

雨だれ

投稿日:2017-08-27 16:16:14

何も書けない
何も見えない
イメージは溢れる
どれも これも
作り物めいた
奇妙な
「不可解さ」で…

そこに音楽!
雨音
雫の垂れ落ち

...省略されました。全て読むにはこちら

犬の詩

投稿日:2017-08-18 06:54:32

さぁ 急いで行くがいい
家路に向かい ヨロヨロと

首にぶら下がる見えない首輪
それから伸びる長い手綱を
握っているのは誰かの手だ

掌の温度を

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-07-21 15:25:37



何かを良くしよう、整えようとする時、自然と鏡は必要になる。
乱れた髪、寝起きの顔、傷を負った体。
それぞれに鏡が必要だ。

では心はどうだろう

...省略されました。全て読むにはこちら

人は音楽を

投稿日:2017-06-08 17:30:23

暗い部屋で 寝っころがって 天井を観ていた

僕のお腹のあたりから大量の水が飛び出してきた

いろんな動物の体が空高く舞い上がっていく

いろんな音

...省略されました。全て読むにはこちら

連弾

投稿日:2017-04-28 20:40:02




彼はよく トルコ行進曲を弾いていた

わたしには 弾けない

手が大きくて 力が強い 彼にしか弾けない曲


わたしはよく ベニスのゴ

...省略されました。全て読むにはこちら

社会人19歳の心は子供

投稿日:2017-04-21 18:58:25

そうだね
幼稚園の頃はお姫様になりたくて
小学生の頃はパン屋さんだったな
中学生で進路というものを知り
高校生で現実を見た
社会人になってまた夢を見て

...省略されました。全て読むにはこちら

(無題)

投稿日:2017-04-21 17:46:08

こんな面倒で暗い心は、闇夜に混ざって消えてほしい。

灯り

投稿日:2017-04-16 22:23:58

今日も日は落ち、
今日も寂しい夜がやってくる

孤独で寂しい夜が、寂しがりで孤独な私に引き寄せられてやってくる

そんな夜にもそんな暗い夜にも、照らし

...省略されました。全て読むにはこちら

あなたの存在

投稿日:2017-04-13 01:54:56

暗い部屋の窓の外で
空が大粒の液を流す。
大きな騒音が 何かを奏でている。

この風景を、鼻がつぶれるくらいにぴったりと窓にはりついて見ていた。
この

...省略されました。全て読むにはこちら

暗夜

投稿日:2017-04-08 00:35:05

「こんばんは。」
「こんばんは。」

「今夜も眠れないのかい?」
「そのようだ。」

「自分は何故こんなにも虚無感をかんじているのだろう。」
「ど

...省略されました。全て読むにはこちら

又、夢

投稿日:2017-04-03 07:42:16


灰色の空を写した
暗い海が見える岬の灯台
その塔の頂上には
銀色の長い髪を地面まで垂らした
一人の老婆が住んでいる

老婆が語る追憶の物語

...省略されました。全て読むにはこちら

優しい詩

投稿日:2017-03-30 20:56:33

できそこないのクレヨンで
少女が白い画用紙に描くのは
できそこないの風景画

できそこないの魂で
男が黒いノートに綴るのは
できそこないの散文詩

...省略されました。全て読むにはこちら

perfect place

投稿日:2017-03-28 21:51:50

朝の日差しは綺麗
でもそこに心は重ねられない
味方だったあなたが私を傷つけて
独りで泣くだけの自分を私が憎む

部屋の窓に映る世界は綺麗
でもそれは

...省略されました。全て読むにはこちら

瑪瑙が光る河の詩(連作)

投稿日:2017-03-26 10:05:05

夜が来た
ぼくは瞼を閉じるだろう
狂ったように歌う少女の
耳触りな音律が鳴り響くと
重い瞼の裏 黒い視界の端々に
白い残光で書いた いく遍かの詩

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-14 19:41:18

何色にも混ざることの出来る色
明るい赤や黄色にも
暗い黒にさえ馴染むことの出来る色、白
純粋な心は白の様
色んな人に学び、嫌い、好意を抱き
そして人生

...省略されました。全て読むにはこちら

いつまでも

投稿日:2017-03-09 20:29:28

いつまでも いつまでも 駆けていたかった
「何処か遠くへ」
そう零す声は
古い思い出の中で聞いた
夜行列車の汽笛にどこか似ている

その列車のシート

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-09 14:26:58

白い 温い 室内灯は 

昨日見せてた私の表情

青い 暗い 眠った空は

そのあと隠した私の心

明日は柱の陰に隠れて

私はそれを見るの

...省略されました。全て読むにはこちら

少年

投稿日:2017-03-04 22:20:07

死に向かうロボットの行列が
列車から降りてくる夜

額に汗して働いて
家族を養うロボットの行列が
家路を急ぐ駅前

ロボットに悩む事は許されない

...省略されました。全て読むにはこちら

電車について

投稿日:2017-03-03 21:00:34

電車に乗って行く先や来し方をみれば
視界の両端を街の明かりが行く
いいや 雑多な何かの看板や
曖昧な暗い道が続いている

時々見えるどこかの窓の中は明

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る