「暗い」ポエムを表示中

夜空の旅

投稿日:2017-11-04 12:36:12


あぁ、疲れたなと
思ったら、
暗いお空に旅しよう。
三日月お舟を浮かべたら
夜しか出来ない空の旅。

進め、進め!
三日月舟!

お星さま

...省略されました。全て読むにはこちら

わかること

投稿日:2017-10-27 20:34:59

起きてるのか寝てるのか分からなくて

暑いのか寒いのかも分からなくて

暗いのか明るいのかも分からなくて

広いのか狭いのかも分からなくて

...省略されました。全て読むにはこちら

猫の街

投稿日:2017-10-25 00:05:39


三日月浮かぶ、空の下。
パラパッパッパッパ
走ってく。

街灯もない、暗い道。
パラパッパッパッパ
夜の旅。

着いた着いた、僕の町。

...省略されました。全て読むにはこちら

孤独と勇気

投稿日:2017-10-07 22:49:35

孤独に感じる時は 自室にいる時で
外に出ると 弱さを見せられなくて

別に隠してる訳じゃないんだけど
暗い自分を晒すことに慣れないだけで
いつの間にか

...省略されました。全て読むにはこちら

満月の夜

投稿日:2017-10-07 16:50:51

ダメだって言われちゃえば(もっと…) 好きになっちゃう
自然の原理?  
怖いくせに  飛びたがるの 矛盾してんの?
…笑えちゃうじゃない
危険な街  

...省略されました。全て読むにはこちら

色彩感覚

投稿日:2017-10-01 20:14:19

田舎だ田舎だ田舎にいるぞ、僕の心は田舎にいるぞ、田舎は怖い暗い、こわいが無を教えてくれる。都会は安心と夢を教える。田舎に憧れるとか夢のようなことを言っているが、

...省略されました。全て読むにはこちら

絶望の連鎖

投稿日:2017-09-30 16:20:13

絶望を乗り越えたら光が見える、って言うけど
光を見る前に、絶望の中に埋もれたまま、消えてしまう人もいる

その絶望はまた、新たな絶望を生む
絶望の連鎖

...省略されました。全て読むにはこちら

明け方の夢

投稿日:2017-09-20 05:34:36

午前5時半
胸がいっぱいで目が覚めた
まだ外が暗いのに

足取りがふわふわする
まるでこの世じゃないところを歩いてるみたいに

優しく、不思議な感

...省略されました。全て読むにはこちら

窓の外

投稿日:2017-09-09 20:46:00

この窓の外には


きっと君が自由に飛び回って


笑っている世界がある


私がいるこの窓の内側は


閉じ込められて忘れ去られた

...省略されました。全て読むにはこちら

夜の心

投稿日:2017-09-07 00:35:11

暗い部屋の中

天井を見上げ今までの自分について考える

なんて中途半端で怠惰な人生だったのだろう。

死んでしまいたくなるような醜さ。

人生

...省略されました。全て読むにはこちら

やめて

投稿日:2017-09-04 03:01:31

本音を1度も言わなかったのに
私がいなくなることで悲しむのはやめて
人間なのに無私の人みたいに
神様のように優しくしようとすることは
私の口をふさいでし

...省略されました。全て読むにはこちら

灯篭流し

投稿日:2017-08-29 17:06:28

偶数月の8日
街灯もない暗い夜道に車が走る

これは幼い私のかすかな記憶

車が止まり、小さな菓子箱に
ローソクと、線香と、少しのお菓子と塩を乗せ

...省略されました。全て読むにはこちら

雨だれ

投稿日:2017-08-27 16:16:14

何も書けない
何も見えない
イメージは溢れる
どれも これも
作り物めいた
奇妙な
「不可解さ」で…

そこに音楽!
雨音
雫の垂れ落ち

...省略されました。全て読むにはこちら

犬の詩

投稿日:2017-08-18 06:54:32

さぁ 急いで行くがいい
家路に向かい ヨロヨロと

首にぶら下がる見えない首輪
それから伸びる長い手綱を
握っているのは誰かの手だ

掌の温度を

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-07-21 15:25:37



何かを良くしよう、整えようとする時、自然と鏡は必要になる。
乱れた髪、寝起きの顔、傷を負った体。
それぞれに鏡が必要だ。

では心はどうだろう

...省略されました。全て読むにはこちら

人は音楽を

投稿日:2017-06-08 17:30:23

暗い部屋で 寝っころがって 天井を観ていた

僕のお腹のあたりから大量の水が飛び出してきた

いろんな動物の体が空高く舞い上がっていく

いろんな音

...省略されました。全て読むにはこちら

連弾

投稿日:2017-04-28 20:40:02




彼はよく トルコ行進曲を弾いていた

わたしには 弾けない

手が大きくて 力が強い 彼にしか弾けない曲


わたしはよく ベニスのゴ

...省略されました。全て読むにはこちら

社会人19歳の心は子供

投稿日:2017-04-21 18:58:25

そうだね
幼稚園の頃はお姫様になりたくて
小学生の頃はパン屋さんだったな
中学生で進路というものを知り
高校生で現実を見た
社会人になってまた夢を見て

...省略されました。全て読むにはこちら

(無題)

投稿日:2017-04-21 17:46:08

こんな面倒で暗い心は、闇夜に混ざって消えてほしい。

灯り

投稿日:2017-04-16 22:23:58

今日も日は落ち、
今日も寂しい夜がやってくる

孤独で寂しい夜が、寂しがりで孤独な私に引き寄せられてやってくる

そんな夜にもそんな暗い夜にも、照らし

...省略されました。全て読むにはこちら

あなたの存在

投稿日:2017-04-13 01:54:56

暗い部屋の窓の外で
空が大粒の液を流す。
大きな騒音が 何かを奏でている。

この風景を、鼻がつぶれるくらいにぴったりと窓にはりついて見ていた。
この

...省略されました。全て読むにはこちら

暗夜

投稿日:2017-04-08 00:35:05

「こんばんは。」
「こんばんは。」

「今夜も眠れないのかい?」
「そのようだ。」

「自分は何故こんなにも虚無感をかんじているのだろう。」
「ど

...省略されました。全て読むにはこちら

又、夢

投稿日:2017-04-03 07:42:16


灰色の空を写した
暗い海が見える岬の灯台
その塔の頂上には
銀色の長い髪を地面まで垂らした
一人の老婆が住んでいる

老婆が語る追憶の物語

...省略されました。全て読むにはこちら

優しい詩

投稿日:2017-03-30 20:56:33

できそこないのクレヨンで
少女が白い画用紙に描くのは
できそこないの風景画

できそこないの魂で
男が黒いノートに綴るのは
できそこないの散文詩

...省略されました。全て読むにはこちら

perfect place

投稿日:2017-03-28 21:51:50

朝の日差しは綺麗
でもそこに心は重ねられない
味方だったあなたが私を傷つけて
独りで泣くだけの自分を私が憎む

部屋の窓に映る世界は綺麗
でもそれは

...省略されました。全て読むにはこちら

瑪瑙が光る河の詩(連作)

投稿日:2017-03-26 10:05:05

夜が来た
ぼくは瞼を閉じるだろう
狂ったように歌う少女の
耳触りな音律が鳴り響くと
重い瞼の裏 黒い視界の端々に
白い残光で書いた いく遍かの詩

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-14 19:41:18

何色にも混ざることの出来る色
明るい赤や黄色にも
暗い黒にさえ馴染むことの出来る色、白
純粋な心は白の様
色んな人に学び、嫌い、好意を抱き
そして人生

...省略されました。全て読むにはこちら

いつまでも

投稿日:2017-03-09 20:29:28

いつまでも いつまでも 駆けていたかった
「何処か遠くへ」
そう零す声は
古い思い出の中で聞いた
夜行列車の汽笛にどこか似ている

その列車のシート

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-09 14:26:58

白い 温い 室内灯は 

昨日見せてた私の表情

青い 暗い 眠った空は

そのあと隠した私の心

明日は柱の陰に隠れて

私はそれを見るの

...省略されました。全て読むにはこちら

少年

投稿日:2017-03-04 22:20:07

死に向かうロボットの行列が
列車から降りてくる夜

額に汗して働いて
家族を養うロボットの行列が
家路を急ぐ駅前

ロボットに悩む事は許されない

...省略されました。全て読むにはこちら

電車について

投稿日:2017-03-03 21:00:34

電車に乗って行く先や来し方をみれば
視界の両端を街の明かりが行く
いいや 雑多な何かの看板や
曖昧な暗い道が続いている

時々見えるどこかの窓の中は明

...省略されました。全て読むにはこちら

電車について

投稿日:2017-03-03 21:00:34

電車に乗って行く先や来し方をみれば
視界の両端を街の明かりが行く
いいや 雑多な何かの看板や
曖昧な暗い道が続いている

時々見えるどこかの窓の中は明

...省略されました。全て読むにはこちら

電車について

投稿日:2017-03-03 21:00:03

電車に乗って行く先や来し方をみれば
視界の両端を街の明かりが行く
いいや 雑多な何かの看板や
曖昧な暗い道が続いている

時々見えるどこかの窓の中は明

...省略されました。全て読むにはこちら

花言葉「あなたを信じて待つ」

投稿日:2017-02-24 23:57:49

「闇を照らす光を探している」

ならば自分がそれになってあげよう。
ただの青だけれど。

周りを照らせるような黄色でもない。
燃え上がり元気になるよ

...省略されました。全て読むにはこちら

おやすみなさい

投稿日:2017-02-24 15:12:38

まぶたを閉じて
暗い世界

意識が遠のいて
静かに、静かに・・・


よくがんばったね
だから、おやすみ

今までがんばった分
ゆっくりや

...省略されました。全て読むにはこちら

悪者

投稿日:2017-02-15 06:31:44

暗い青い空を見てふと思った。
もうそろそろ世界が終わる時間かなぁって。
5歳ぐらいの時もそう思った。
世界の終わりを求めるのは
私はヒーローじゃないとい

...省略されました。全て読むにはこちら

蟻と少女と沼と

投稿日:2017-02-08 18:42:36

蟻が歩く

元気に働く

家族の為に餌を探す

知らずに知らずに沼の上

沈む

沈む

沈む

沈む

暗い痛い苦しい辛い痛い

...省略されました。全て読むにはこちら

過去の私は

投稿日:2017-02-08 01:46:19

切り裂きたい
奥底にある汚い黒いかたまり
いつも思い出させるんだ
昔の出来事を
傷ついて傷ついて
自分がバラバラになって
ゆっくりゆっくりと
元に

...省略されました。全て読むにはこちら

心の底から

投稿日:2017-01-29 23:56:56

車と車の隙間 赤信号でとまった世界
今日の空はなんだか優しい
覚えてますか?3年前
私は暗い顔で 座り込んでいた
美しい空 見放された気持ちで
誰の

...省略されました。全て読むにはこちら

☆キミ

投稿日:2017-01-04 05:35:39

君と別れてから
全て、半分以下になった

音楽を聴いても
食事をしても
遊んでも
何をしても
楽しさも
嬉しさも
全て半分になった

なの

...省略されました。全て読むにはこちら

ゆきんこ

投稿日:2016-12-05 12:46:40

暗い空から ひっそりと
ゆきんこたちが 舞いおりる
そうっとね そうっとね
子どもたちが 寝ているよ
ほのかに白い

...省略されました。全て読むにはこちら

ゆきんこ

投稿日:2016-12-05 12:46:38

暗い空から ひっそりと
ゆきんこたちが 舞いおりる
そうっとね そうっとね
子どもたちが 寝ているよ
ほのかに白い

...省略されました。全て読むにはこちら

嘘みたいな

投稿日:2016-12-03 23:37:50

嘘みたいぼく
なりたかった職業
つめたい廊下にいる
保健室より重たい匂いで
緊張不安と、どーでもいいやの
隙間にはさまる重なる記憶
B判定の志望校遠

...省略されました。全て読むにはこちら

-寂-

投稿日:2016-12-03 23:11:38

「信用できる人が欲しい」

毎日親と喋る
仲だって悪くない

学校では友達とたくさん笑う
嫌いな人なんてほんの一握りだ

でもそれは
本当に信

...省略されました。全て読むにはこちら

今夜散歩にでかけよう

投稿日:2016-11-27 23:37:47

(*´ω`)やった~。おにぎりいっぱいだ~。
よし!梅干しでむしゃむしゃするぞ!

……。
こんなふうにバカみたいなことやってるけど、明日は真面目な顔で

...省略されました。全て読むにはこちら

明日の天使

投稿日:2016-10-12 21:57:12

虐待の記憶をとりだして
夢の泉でろ過するの

みんなの思いが溶けあって
暗い気持ちが沈んでく

水面に浮かぶ裸のあなたは
こどものように無垢な玉

...省略されました。全て読むにはこちら

暗い一年

投稿日:2016-07-07 09:13:24

妹に買ってもらった緑色かぶって暗い一年だった

知らない誰かの

投稿日:2016-06-24 03:12:59

暗い夜道を歩けば
星の数ほどの窓の光
狂おしいほど
知らない誰かの灯り

今日も誰かが生まれたろ
そんで僕の親友の母さんは
もう

暗い朝を迎

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2016-06-22 12:44:18

暗い深淵に咲き乱れた花
一人孤独唄って輝く
害虫集り蝕まれても
花は歓喜の唄うたう
暗い孤独に咲いた花
害虫を背に枯れていく
暗い気分に浸ることなく

...省略されました。全て読むにはこちら

誰にでもある病

投稿日:2016-06-10 21:45:51

人混みについていったら大通りに出た
人、人、人、人、店、人、店、人
人混みに紛れていたら思い通りに来た
不特定多数の罪なき市民だ

知らねえジジイと目

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る