「柔らか」ポエムを表示中

思い出

投稿日:2018-05-13 03:20:21

冷たい雨よりももっと冷たい残酷な悲しみがわたしを深い幻想の海へ急き立てる
その中で私はあなたを忘れてもう1度思い出すまで柔らかな光につつまれる
そうやって逃

...省略されました。全て読むにはこちら

おひるね

投稿日:2018-05-04 12:34:10

すいーっすいーって両手を伸ばして
草原に寝っ転がるみたいに
きらきらひんやりして気持ちのいい水の上で
足も忙しく動かさないでいい
目を開ければ爽やかでど

...省略されました。全て読むにはこちら

記憶辿り

投稿日:2018-04-08 01:10:41

肌寒い時が流れ 穏やかな風を抱く
暖かな季節なのに なぜこの心に届かない

柔らかな青草 透明な青い空
優しい木洩れ日もある なのになにかが足りない

...省略されました。全て読むにはこちら

キミならきっと

投稿日:2018-03-20 18:47:12

キミに出会って キミと話して
キミと笑って キミと泣いて
ボクらが一緒だった日はそんなになかった
けどね 知ってるよ

キミは 私と同じでさ人間関係に

...省略されました。全て読むにはこちら

財布

投稿日:2018-01-27 09:07:43

柔らかな細い指が最初に触れた、暗闇が過ぎたら、無骨な指で触られた、私まで嬉しくなった。

Life・・・Memories・・・

投稿日:2018-01-26 16:28:08

自転車で 馬鹿みたいに あの森を駆け抜けた春
笑いながら アイツらと共に 当てなく進んでた
海岸で 子供みたいに 花火なんかしてた夏
歌いながら アイツら

...省略されました。全て読むにはこちら

way

投稿日:2018-01-26 15:09:47

少し眩しい 温かい日差し 踏み出すアナタを 輝かせてる
勇気を出した 最初の一歩 柔らかな風が そっと背中を押す
夢を追い始めた背中 小さすぎて頼りないね

...省略されました。全て読むにはこちら

嵌る

投稿日:2017-12-24 15:39:46

彼の言葉が

真綿のようにわたしを締め付け

ゆっくりと、
ゆっくりと

彼の海におちていく


大きくて、やさしくて
でも緩やかに締め付

...省略されました。全て読むにはこちら

「君に似ている」

投稿日:2017-12-07 08:10:10

大空を見上げて、青空を見つめて、その蒼さの中へ落ちてしまいそうだ
夜空を見上げて、星空を見つめて、その輝きからこぼれてしまいそうだ

人は勝手に、本当に勝

...省略されました。全て読むにはこちら

ココロ コロコロ

投稿日:2017-09-30 17:53:55

かたい心とかたい心がぶつかると

お互い痛い思いをするし、お互い痛い思いをさせてしまうもの

「こんなことしたくない」って分かってるのに尖らせてしまって

...省略されました。全て読むにはこちら

馬鹿な私

投稿日:2017-09-21 21:07:56

この手が届くうちに
あの数センチ先の左の手のひらに
触れておけばよかった。

この視界にあるうちに
もっとあの柔らかそうな猫っ毛に
見とれていればよ

...省略されました。全て読むにはこちら

いくじなし

投稿日:2017-09-06 17:44:08

秋と夏が混じった風に吹かれて跨線橋から下をのぞき込む。
太陽が、昼間の人を殺しそうな勢いなんて忘れたかのように穏やかに街を茜色で照らす。

大きく響く救急

...省略されました。全て読むにはこちら

ある夜

投稿日:2017-08-26 18:43:03

夜は静かに優しさを創っている
あの日のままでいたかった私は
小さくうずくまって
柔らかな静寂を身体に染み込ませようとしている

ずっとずっと 泣けなか

...省略されました。全て読むにはこちら

ウグイス

投稿日:2017-08-05 10:10:33

生きることに疲れ果てた
あなたの荒い息遣いが聞こえてくる
それはまるで地の底から吹き上がる熱線の様に
私を赤くただれさせる
死が悪だと人々は言うけれど

...省略されました。全て読むにはこちら

夢恋

投稿日:2017-07-20 21:04:36

あの人は夢

綺麗な夢

手が届かない幻

雨上がりの虹のように

すぐに消えてしまう夢

遠くから眺めているだけで

柔らかな気持ちに

...省略されました。全て読むにはこちら

つぼみ

投稿日:2017-07-17 22:09:09

あしたもあなたの笑顔のお手伝いをしたいと願う私でしたが
ああ
どうしましょう
あまりの痛みにこれ以上たっていることができなくなってしまいました
夏の渇き

...省略されました。全て読むにはこちら

ビー玉

投稿日:2017-05-03 20:16:57

ぶつかり弾けても

坂は転がり引っ付き鳴らす

日にあたる
ビー玉は寄り添い
  
光を放つ丸になる

カキッと音がなり

震える柔らかな

...省略されました。全て読むにはこちら

花先

投稿日:2017-04-30 19:17:13

kissする度

鼻があたるの

弾む胸の音

鼓動の柔らかさ

ミントの香る

甘い切なさを

...省略されました。全て読むにはこちら

花先

投稿日:2017-04-30 19:15:45

kissする度

鼻があたるの

弾む胸の音

鼓動の柔らかさ

ミントの香る

甘い切なさをうつ

...省略されました。全て読むにはこちら

花先

投稿日:2017-04-30 19:14:59

kissする度

鼻があたるの

弾む胸の音

鼓動の柔らかな

ミントの香る

甘い切なさ

離れない

二人の愛

...省略されました。全て読むにはこちら

花先

投稿日:2017-04-30 19:14:59

kissする度

鼻があたるの

弾む胸の音

鼓動の柔らかさ

ミントの香る

甘い切なさをうつ

...省略されました。全て読むにはこちら

春風

投稿日:2017-04-23 12:16:58

春風に吹かれる
暖かな風にすべてを
自分の全てを
ひとつ残らず吹かれそうになる

それはまるで
指先からこぼれていく桜のように
指先から「自分」が

...省略されました。全て読むにはこちら

できそこない

投稿日:2017-03-26 20:42:20

ありふれた「できそこない」よ

歌うことも 愛することも

もはや意図することもない

柔らかな嘘を抱きしめて

この妄想の終わりまで

...省略されました。全て読むにはこちら

いつまでも

投稿日:2017-03-09 20:29:28

いつまでも いつまでも 駆けていたかった
「何処か遠くへ」
そう零す声は
古い思い出の中で聞いた
夜行列車の汽笛にどこか似ている

その列車のシート

...省略されました。全て読むにはこちら

あのひと

投稿日:2017-03-06 17:51:34

いつでもいらしてくださいね
遠慮しないでお入りくださいね
鍵はいつでも開けてあるのよ
寒い冬には暖炉で暖めて
熱い夏には団扇で扇いで
あなたがくつろげ

...省略されました。全て読むにはこちら

音織 音通り お帰りなさい

投稿日:2017-02-13 23:50:37

とても静かな時代があった
薄い庭梅色の時間が景色にじんわり溶けていて
夏の朝なんかはハトがぼぅぼぅと覇権をにぎるくらいの
そんな柔らかな時代

神様が

...省略されました。全て読むにはこちら

ハルジオン

投稿日:2017-02-07 21:25:42

見つけた
秘密の花畑
こっちにおいで
風が手招きしたから気づいた
ハルジオンは蕾を付けて
春の柔らかな光にいじらしくらいけなげな姿で
微笑むようにた

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:51

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:34

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:14

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:08

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

青の墓場

投稿日:2016-11-26 16:35:09

青い墓場に
天の国の使いが降りて来て
まだ心の残る屍を
優しく包みこんだ
家族への別れは夢の中で
未練は漂う波の中へ
体は借り物
入れ物は其処に生

...省略されました。全て読むにはこちら

昔の男

投稿日:2016-11-15 11:19:58

深緑の瞳
冬空の下の青白く乾いた肌
柔らかな鳶色の髪の毛は
同じ色の睫毛と
陽の光で透けて淡いブロンド

まるで次元を越えてここに来たような
あな

...省略されました。全て読むにはこちら

6つのソネット

投稿日:2016-10-24 14:06:55


月のさざ波は
ぼくの心を騒つかせ
その暴力でこの身は捕られ
囚われの心は…

太陽はその力を奪われ
この瞳に光は宿らず
この手に希望は訪れず

...省略されました。全て読むにはこちら

優しいヒト

投稿日:2016-08-17 01:29:51

優しい君は  いつも笑っている  「大丈夫だよ」って唇に乗せている

優しくて強い君はみんなの憧れで、大好きだけど

きっと、誰も知らないことがあるんだ

...省略されました。全て読むにはこちら

魅力ヶ丘

投稿日:2016-08-15 23:42:37

魅力ヶ丘 
(Attractive hill)
www.shosenkai.org












...省略されました。全て読むにはこちら

存在価値

投稿日:2016-08-06 01:01:47

もし君が僕を好きだった頃の君を忘れたなら、僕は死んだも同然
僕は君を殺したくないから、あの日々の記憶を優しく抱えている
君と過ごした時間が無駄じゃなかったと

...省略されました。全て読むにはこちら

扉の向こう

投稿日:2016-06-23 16:48:51

雨上がりの 夕暮れ
生い茂った 淡いオレンジ色の草むら
濡れた草木の青い匂いを かき分けて歩く
湿った木肌の柔らかな感触を

...省略されました。全て読むにはこちら

優しいヒト

投稿日:2016-06-11 01:57:06

優しい君は  いつも笑っている  「大丈夫だよ」って唇に乗せている

優しくて強い君はみんなの憧れで、大好きだけど

きっと、誰も知らないことがあるんだ

...省略されました。全て読むにはこちら

いいことも悪いことも

投稿日:2016-05-26 21:23:38

正しいことは いいことだけど
その言葉には 剣が見え隠れすることも
一生懸命は 素敵だけど
人の前を塞ぐ大岩となり 前に進めないこ

...省略されました。全て読むにはこちら

おひさまの音

投稿日:2016-05-18 13:31:31

おひさまの匂いのする 柔らかな春の風
目をつぶれば 心地よい音がする
葉っぱのこすれる 優しい音
花びらが落ちる 寂しい音
おひ

...省略されました。全て読むにはこちら

リンゴカミキリムシ

投稿日:2016-05-04 12:49:03

今日も一緒に感動を分け合おうと期待していたけれど
君と私はもう 見ているものが違っていたんだね
分かり合えることもあるけれど
結局はきっと私は君のこと知っ

...省略されました。全て読むにはこちら

稀有な出会いの幸せ

投稿日:2016-04-29 20:45:37

その青虫は幸せだった
優しいひとの 服のすそにしがみついていきついたのは
アスファルトとコンクリートがどこまでも広がる町中だった
平穏な暮らしの野菜畑で突

...省略されました。全て読むにはこちら

二人三脚

投稿日:2016-04-28 22:20:46

あなたの人生の半分は私がもらうわ
苦しみも半分背負って生きて行くわ
独りで立つのが苦しい時
そうぞ私の肩に掴まって立って下さい
か弱そうに見えても

...省略されました。全て読むにはこちら

特別

投稿日:2016-04-23 06:00:17

くちびるの柔らかさは特別だ

明日晴なら最高

投稿日:2016-02-04 08:24:28

キッスをしようよ
ほっぺにもひたいにも
そのゆるくカールする髪にも

抱きしめあおうよ
すいさっきも今だって
それからこれからもずっと

生まれ

...省略されました。全て読むにはこちら

鍛造人間

投稿日:2015-12-30 11:28:38

かあっと熱くなって

すうっと冷たくなって

柔らかさと引き換えに

私はどんどん強くなる

...省略されました。全て読むにはこちら

ココロ コロコロ 

投稿日:2015-11-23 22:16:06

かたい心とかたい心がぶつかると

お互い痛い思いをするし、お互い痛い思いをさせてしまうもの

「こんなことしたくない」って分かってるのに尖らせてしまって

...省略されました。全て読むにはこちら

春色の君

投稿日:2015-11-02 21:18:09

君が笑えば
桜の花がそこに咲き

柔らかな緑の風が
君の桜をほのかにゆらす

君が僕に映すものは
淡く優しい春の景色

だから僕の心には

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2015-10-26 07:41:20

私の中の、そのまた中の、

そのまた中の、そのまた中の、

そのまた中の、そのまた中の、

そのまた中には、

丸裸の柔らかなわたくしがひとつ

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る