「深い」ポエムを表示中

投稿日:2017-10-22 23:07:04

深い海の底に
澄みきった空高くに
溶けたい

暖かい場所は誰かの物だった
これからもびしょ濡れで
凍えているままなのならば
誰からも忘れられて

...省略されました。全て読むにはこちら

言葉にできない

投稿日:2017-10-17 00:36:41

抱きしめた僕の腕の中で眠る君
安心しきったその
あどけない寝顔が
僕だけの物にならないだろうかと
身体の中から湧きあがる
強い想いに打ちのめされる

...省略されました。全て読むにはこちら

優しき君に捧ぐ優しき詩を。

投稿日:2017-10-13 23:59:12

今日も 世界の何処かで

ひとつの命灯は 大気に小さく揺れて…

そして 消えた…。







優しき瞳で

どんなモノも 包み

...省略されました。全て読むにはこちら

悪意なき刃

投稿日:2017-10-09 21:23:45

その目で見るな、深い海の目

真直に私を刺す、心は知らず

沈めたのだから、どうか醒まさないで

「君のため」と、私を守るために

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-09-07 18:52:21

誰かの愛に救われ

誰かの言葉に傷つき

誰かの励ましに

立ち上がる

日々はそうやって

過ぎていき

光の射さない深い水の底から

...省略されました。全て読むにはこちら

眠る

投稿日:2017-09-06 16:54:33

遠くで風が鳴いている

朱色の夕暮れは夜に染められしっとりと
深い黒になっていく

いつでもそこにあるもの
見たことのない景色

心のざわめきを

...省略されました。全て読むにはこちら

愛なんて要らない

投稿日:2017-08-26 01:35:09

愛が無いと生きられないとあの人が言った
愛なんていらないと私は言った

愛はいつも傍にあるんだとあの人が言った
それなら証明してと私は言った

本当

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-08-24 14:16:45

帰りたい



ふと思うたびに



望む場所は海の中



静かな海流に身を任せ



深い底へと落ちていく



...省略されました。全て読むにはこちら

犬の詩

投稿日:2017-08-18 06:54:32

さぁ 急いで行くがいい
家路に向かい ヨロヨロと

首にぶら下がる見えない首輪
それから伸びる長い手綱を
握っているのは誰かの手だ

掌の温度を

...省略されました。全て読むにはこちら

二人三脚

投稿日:2017-08-06 20:42:33

一つの足は自分自身、もう一つの足は相手とともに歩む足。お互いの足をくくりつけて、同じ時を深い位置から過ごしていこう。一緒に生きよう。自分の人生相手の人生、自分と

...省略されました。全て読むにはこちら

連星

投稿日:2017-07-09 23:29:03

私たちは二つ星

深い漆黒の世界、二人ぼっちで、つかず離れずクルクル正円を描いて回り続ける

私たちは二つで一つ

彼は深い青の星、私は緑の星

...省略されました。全て読むにはこちら

つらく別れた人の名前

投稿日:2017-07-01 17:09:25




〈1〉
ここからは学習塾が覗けるぞ時計が見えるエアコンが見える


〈2〉
出勤に「スナック愛」を通過するつらく別れた人の名前だ


...省略されました。全て読むにはこちら

うそつき鏡

投稿日:2017-06-19 19:57:52

誰かがあなたをうらやんでいる
無いものねだりをして居る
持てないものを探しながら
手の中の倖せと交換したがっている
劣っているとか勝っているとか
人は

...省略されました。全て読むにはこちら

恋愛

投稿日:2017-06-08 21:48:10

君は教えてくれた

愛とは深い深い想いでできていること

恋と違ってなんの飾り気もなくただただ愛おしいこと

たとえ浮ついた気持ちがあったとしても、

...省略されました。全て読むにはこちら

アート

投稿日:2017-06-06 01:10:53

南国に植わった実を更にひん曲げたような
それを台において
感情のなにかしらと名付け呼ぶ

一枚の理解の先の世界を知らないもんだから
評論家とやらの眼鏡

...省略されました。全て読むにはこちら

点滅

投稿日:2017-03-21 23:50:00

「これは何かの縁、お話ししましょう」

暖炉の火は揺らめく。
沈黙を破ったのは
髭を綺麗にのばした老人だった。
老人は深い森の中に独りで暮らしていた。

...省略されました。全て読むにはこちら

愛するという事

投稿日:2017-03-21 21:22:38

愛していた人から別れを告げられ、愛の本質を考える様になった。

本音をさらけ出したい。
感情に任せて引き止めたい。
叶うのであればもう一度、、、

...省略されました。全て読むにはこちら

証明を覆す道乗り。

投稿日:2017-03-21 21:18:45

経験という光、一歩一歩の大切さ
軽々しくなんて、言える訳ないから

大きさはそれらの秤に乗せられて
風はトキに息苦しくて
足は解きに苦しみも運んで

...省略されました。全て読むにはこちら

手当て

投稿日:2017-03-15 22:02:55

傷を癒してください
いつまでたっても治らない傷です
とてもとても深い傷です
だから貴方の手をここに当ててください
そしたら治るはずだから
胸の奥の痛み

...省略されました。全て読むにはこちら

未来から過去へのエール

投稿日:2017-03-14 18:54:10

夢を持ち
夢に向かい
がむしゃらに走る
時に越えることの出来ないような
高い、高い山があり
時に奈落の底のような
深い、深い谷もあり
それでも夢に

...省略されました。全て読むにはこちら

幻光

投稿日:2017-03-13 23:37:56

深い闇の中で膝を抱えて待っていた
歩き出す勇気も 終わらせる勇気も 持てず
ただ時間が過ぎるのを待っていた
逃げることさえできなかった

笑うことで痛

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-08 14:20:51

藍の深い夜みたいな
そんな夜の海みたいな
11月の夜風みたいな
ふくろうのいる森みたいな
朝の積雪みたいな
それか雪解けの水みたいな

そんな恋だ

...省略されました。全て読むにはこちら

帰りの電車

投稿日:2017-03-08 10:53:15

梟みたいな音
それはたぶん
金属が擦れる音
電車の中にいるのに
深いネイビーの
夜の中にいると思った

恐ろしくて目を閉じたけど
そこに立ってい

...省略されました。全て読むにはこちら

青が想う

投稿日:2017-02-24 23:49:37

鈴は鳴れど錆びればただの雑音である

光が照らせど闇が呑み込めど結局同じこと

ねこは死に際を見せず

雪は溶ければただの水となり

風は全てを

...省略されました。全て読むにはこちら

この世でいちばん遠い詩 (序文)

投稿日:2017-02-22 08:54:34

僕は歩いていた ともかく何処かを目指して
夜空には満天の星が
穴を開けた黒色の画用紙 そこから漏れ出す光みたいに
空っぽの宇宙 それを弱々しく着飾ってい

...省略されました。全て読むにはこちら

ここにはなにが

投稿日:2017-02-08 17:21:44

いつからだっただろう?
足元には黒い海
深い深い悲しみの渦

ここにはだれが住んでいる?
いいえ、だれも。

ここには何が潜んでいる?
はい、す

...省略されました。全て読むにはこちら

呪文

投稿日:2017-01-29 20:25:50

「愛している。」
は、時々優しく、時々醜く
私の心を塗り替える。
愛しているから
何もかも許してしまう。
あなたの涙を全部引き受けてもいいと思ってしま

...省略されました。全て読むにはこちら

越せない河

投稿日:2017-01-19 08:13:15

貴方と私の間には
荒れて流れる河がある
愛で紡いだ橋でさえ
向こう岸まで届かない
鳥よこの声届けてよ
あの人のところへ飛んで行って
窓辺で歌ってくれ

...省略されました。全て読むにはこちら

マイハート猛禽類

投稿日:2016-12-31 02:00:33

恋心が舌なめずりをした。
あなたは知らない。知らない。知らない。
私の獣のことを知らない。
私の醜い顔を知らない。
私の、沼より深いところを知らない。

...省略されました。全て読むにはこちら

きっと愛の夢

投稿日:2016-12-12 22:18:05

深い森の中だった。

手付かずの野花と
古い家の隣に
君が立っていて
僕は唯一無二と信じる
その手をとった。

夢は覚め
空を掴む掌に
君の

...省略されました。全て読むにはこちら

きっと愛の夢

投稿日:2016-12-12 22:18:02

深い森の中だった。

手付かずの野花と
古い家の隣に
君が立っていて
僕は唯一無二と信じる
その手をとった。

夢は覚め
空を掴む掌に
君の

...省略されました。全て読むにはこちら

昔の女

投稿日:2016-11-15 11:26:49

悲しむと深みの増す鳶色の瞳
空気が凍って光るように
闇より深い漆黒の髪の毛は
陽の光に照らされて輝いていた

ここにいた君は本物?
いつもの景色の中

...省略されました。全て読むにはこちら

期待して絶望してまた期待する

投稿日:2016-10-26 01:39:01

僕の求めているモノは
この場所には無いんだって絶望しながら
息を潜めているよ

いつかはここではないどこかに羽ばたいて
今よりも輝く世界を手にするんだ

...省略されました。全て読むにはこちら

五夜をこよて

投稿日:2016-09-28 01:31:10

  今 貴方の胸中はこの零雨のようか?
  この雨が 視界の中にある輪郭をぼかしてゆくように
  何もかもが 消えてしまえばいい
  そう、何もかも

...省略されました。全て読むにはこちら

サポート王子

投稿日:2016-08-08 16:19:08

如何なる深い所にも
卓越した価値を見いだして
信ずる心の在り方を見いだして
清らかな考察を認めるものにして
永遠に氷のようなものでいて
永遠に氷のよう

...省略されました。全て読むにはこちら

野生の愛情

投稿日:2016-07-23 21:36:31


「ライオンも我が子を崖から突き落とす」
その厳しさこそが愛なのだと言う人よ
それこそが間違いの素なのだよ
ライオンは絶対そんな事はしない
迫り来る危

...省略されました。全て読むにはこちら

再生不可能な傷

投稿日:2016-07-16 13:30:46

人は自分の為にしか生きられないものでしょうか
愛は何故こうの危ういのでしょうか
永遠という言葉とは裏腹などうにも仕様の無い諦め
今日も裏切られて涙を拭って

...省略されました。全て読むにはこちら

『作家指南』

投稿日:2016-05-23 11:37:55

何かを聞いたり見たりして
心が「あ!」ってなって、
それを捉まえられる感性があれば
言葉は自然に紡げるはず。

作家というのは
実にそういうのが

...省略されました。全て読むにはこちら

愛をくれた人

投稿日:2016-05-21 02:37:41



あなたは私に「愛」を教えてくれた人

例え世界が私を裏切り、私が深い絶望の底へと沈んでも

あなただけはきっと、私を見捨てない
私を救ってくれ

...省略されました。全て読むにはこちら

君へ贈る唄

投稿日:2016-02-26 19:40:19

世間じゃ暗いニュースが続く
世界が大きく異変を遂げてる

沢山の人達が苦しんでる 沢山の人達が死んでる
けど別の世界にいるみたいじゃん 呑気にスマホいじ

...省略されました。全て読むにはこちら

孤独な幼い僕

投稿日:2016-02-16 23:28:53

ぬるま湯に使って僕は、考えた。
海がいいか 山がいいか さて、どうしよう

今、僕は泣いている
そんな僕を見て みんなは笑うんだ
泣き虫だね 気

...省略されました。全て読むにはこちら

となり町から贈りもの

投稿日:2016-01-31 21:30:57

海のむこう
知らない文字で
ゆっくり 流れてきた
となり町から贈りもの
中身はからっぽ
ただ、海の香りがするだけ
このまま
波に乗ったままでいいの

...省略されました。全て読むにはこちら

Forever

投稿日:2015-12-16 20:46:56

永遠に生き続けるように
常に願ったよ
君のために、これからのために
私の記憶
永遠に続くように

これからも頑張れるように
君をいつも見つめる私

...省略されました。全て読むにはこちら

想いの意味を知るだろう

投稿日:2015-11-29 00:36:27

わたしのこの
苦しい気持ちが
わたしを苦しめている

乗り越えられるから
神様は試練を与えるそうだ

無味乾燥したこの心が
彩りを感じるようにな

...省略されました。全て読むにはこちら

不思議な世界

投稿日:2015-11-02 22:35:07

 人は宇宙に行ったことはあっても

 海の一番深いところを知らない


 脳科学が発達しても

 人は合理的には生きられない

 魂ってやつが

...省略されました。全て読むにはこちら

lovable insecurity dividing line

投稿日:2015-09-27 20:42:28

モノクロ

モノクロ

つまらないと感じる

カラフル

カラフル

騒が

...省略されました。全て読むにはこちら

妄想上のレントボーイ

投稿日:2015-09-03 06:21:10

六丁目の袋小路に住んでる
薄汚れた煉瓦に座ってる
年齢も性別も分からない
そんな人に、頭を撫でて貰えるのが嬉しいんだ

言葉や仕草に一切無駄がない

...省略されました。全て読むにはこちら

君を抱きしめて眠る

投稿日:2015-08-10 01:27:50

「夜が怖いの
息を吐くたびに心の強さが逃げていくようで
息を吸うたびに絶望が入り込んでkるようで
夢の中までをも死に神が見張っているような気がして
きっ

...省略されました。全て読むにはこちら

今日のケアハウス

投稿日:2015-07-20 20:06:09

食事の時に感じることなんですが、前に座っている老人の(まあ自分も老人ですが)顔のシワの深い事、深い事、 尋常ではありません、それぞれの人生を感じます。でも、あえ

...省略されました。全て読むにはこちら

慟哭のソテツ

投稿日:2015-06-30 08:14:00

そう
ほんの少し昔の話し
大飢饉が島を襲った
島の上空で翳らない太陽は
幾日も島を焼き続けた
娘達は小枝のような足で水汲みに行く
階段は暗く、時々素

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る