「熱い」ポエムを表示中

自由と葛藤

投稿日:2017-10-18 17:11:15

羽の生えた自由と葛藤
見栄えの良い小鳥に騙されて
ロマンチックに花咲いてここまで来たけれど
幻想世界の入り口で行き止まり
消えていく僕の理想と熱

...省略されました。全て読むにはこちら

あか

投稿日:2017-09-24 21:21:43

朝焼けを溶かして飲んだ

焦げるように熱い紅に蝕まれて

懐かしいにおいがした

明日は来ないかもしれなくて

来てほしくないのかもしれなくて

...省略されました。全て読むにはこちら

道のりは僕には長すぎて

投稿日:2017-09-24 12:29:55

二歩進んでは一歩下がる毎日に
疲れて地面にしゃがみこむ

自分の行きたい場所まで
果てなく道は続き
とても届きそうにない

滴る汗に靴擦れの痕

...省略されました。全て読むにはこちら

cotton Candy

投稿日:2017-09-10 23:57:03

あたしに向けた視線の熱を感じて

あなたに贈るわ、甘い眼差し

絡んで紡いで膨らんで

もう少しでハート型に

あと少しで2人の形に

蜜を

...省略されました。全て読むにはこちら

365日

投稿日:2017-09-06 15:11:28

365日会えなくても
僕はここで愛を歌ってる
365日会えなくても
きみの好きなベースで時間を刻もう

雨が好きだけど、晴れ女で
熱いココアが好きな

...省略されました。全て読むにはこちら

夏時間

投稿日:2017-07-08 09:10:35

真夏が好き・・暑いのが好き・・蝉の鳴き声と日射しの夏の訪れにウキウキして、海の似合う季節にワクワクして、夏の宵の花火にうっとりして・・似合う浴衣と水着を探すの

...省略されました。全て読むにはこちら

夏恋、蝉時雨。

投稿日:2017-07-06 21:37:10

蝉が掻き消してくれないかな、
この胸の鼓動。
暑い暑い、夏の日。
始まった、恋の話。
初めて呼ばれた私の名前。
貴方の声に包まれた。
熱い熱い、汗ば

...省略されました。全て読むにはこちら

浮気者

投稿日:2017-06-23 08:02:30

1・2・3で夜の街へ
君を連れて物陰に
熱い抱擁の後に口づけを
君の妖艶な鼻唄
手を繋いで夜の灯火
サプライズには花束を
紅い口紅がシ

...省略されました。全て読むにはこちら

蝉時雨

投稿日:2017-05-27 20:47:45


まるでどこにもいないようだ
僕の心臓は止まってくれないのに

それで君が笑うんだ
じりじり言ってる。熱いんだろ。

重すぎたんだよ
もう僕にも

...省略されました。全て読むにはこちら

な(なはすべてに通ずる)

投稿日:2017-03-25 20:59:27

すべては名無しだった、秋の日だ

そ、そ、走馬灯


ななななななななんあ

なななななななんあなn

ななななななn

そりゃ、ないっす

...省略されました。全て読むにはこちら

あのひと

投稿日:2017-03-06 17:51:34

いつでもいらしてくださいね
遠慮しないでお入りくださいね
鍵はいつでも開けてあるのよ
寒い冬には暖炉で暖めて
熱い夏には団扇で扇いで
あなたがくつろげ

...省略されました。全て読むにはこちら

君のせいで、

投稿日:2017-02-24 21:18:42

体調不良なのです
胸はドキドキするし
チクチク痛くもなるし
からだだってこんなに熱い
熱があるのよ 恋の病

...省略されました。全て読むにはこちら

卒業の日

投稿日:2017-02-07 00:44:48

晴れ舞台の花道
あなたは花道に、わたしは花道の横に
胸が締め付けられる、苦しい、苦しい、苦しい
だけど最後まで笑っていなきゃ

胸元に花を飾ったあなた

...省略されました。全て読むにはこちら

感情と理論

投稿日:2016-11-06 08:07:22

熱い氷になりたい

窓際でさようなら

投稿日:2016-10-15 17:26:00

ねえ、一緒に笑おう その時が来たら
あの日 約束を交わしたね きっと今にも繋がっている
ねえ、一緒に歩こう その時が来たら
あの日 約束を交わしたね ほら

...省略されました。全て読むにはこちら

summer in me

投稿日:2016-09-28 23:04:12

終わらない夏にいる君

眩い日射しとともに

僕から去った思い出

微睡むような午後と熱い囁き

今でも君は

僕の中の夏で微笑んでいる

...省略されました。全て読むにはこちら

秋の風

投稿日:2016-09-22 20:42:23

子供が集めた 落ち葉の山に
いたずら好きな 秋の風
いちにのさんで でんぐり返し
笑いながら 逃げてった

子供が飛ばした

...省略されました。全て読むにはこちら

ざくろ

投稿日:2016-09-17 20:09:50

ぼとりと落ちた朱い実
斑(まだら)の染みが浮いた厚い皮
硬く干涸び引き攣れて裂けた先端
覗き込めば
紅く彩づく果肉が瑞々しく息づき
口に食めば
熱い

...省略されました。全て読むにはこちら

言わなきゃよかった

投稿日:2016-09-06 07:29:57

首から下が熱い
より一層増す
嫌悪感

繰り返した日に

投稿日:2016-08-19 01:29:45

外からヒグラシの声が聞こえる。

風鈴がチリんと音を立てる。

人は外を眺める。
非常に綺麗な青空を見上げて、かすかに微笑む。

風鈴がチリんと音

...省略されました。全て読むにはこちら

苦しい

投稿日:2016-07-01 17:13:01

いきづらい
もがけばもがくほど呼吸ができなくて

助けて
助けて

心のそこで叫んでる
誰も気づかない心の奥底
ただ一人
もがいて苦しんで

...省略されました。全て読むにはこちら

コーヒー

投稿日:2016-06-24 13:24:46

熱い熱いとコップを持ち氷入れようとしたら不意に飛び散る熱い滴

Tukhm-e Khwahish

投稿日:2016-03-06 02:40:18

         Tukhm-e Khwahish(トゥフメ・ハーヒシュ)

     口をついて出る言葉は 過去の事ばかり
     語り部と語り部達 

...省略されました。全て読むにはこちら

最高のシチュエーション

投稿日:2016-02-29 07:46:14

壁ドンよりも

夕焼けを背に

河原での見つめ合いが私の最高のシチュエーション

これは私の妄想

現実はそんなにロマンチックじゃない

...省略されました。全て読むにはこちら

夕陽

投稿日:2016-02-26 23:54:54



午後4時、作業が終わり4階の喫煙室にひとり

がらんとした殺風景なその部屋は、光に満ちていた

夕陽

その紅い光は胸を打つ

春の淡い

...省略されました。全て読むにはこちら

揺れ火

投稿日:2015-10-19 21:32:00

ゆらゆらと揺れる灯火

名残惜しくその身を削る

ゆらゆらと揺れる灯火

自らの熱にうなされている

ゆらゆらと揺れる灯火

どろっとした熱

...省略されました。全て読むにはこちら

正義のチャーシュー僕一人

投稿日:2015-10-16 17:41:11

どのくらい経っただろうか?

僕は
寸胴のなかでひとりぼっち

暗くて 狭くて 怖くて

下から
ぼこぼこ
熱いお湯の音だけが
僕の鼓膜をノ

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2015-09-08 22:16:20

おい お前

お前だ 獣

雨がそうさせるのか

荒ぶるお前は

熱い

帰れないのか

道を知らんのか

雨が止むのを待つのはやめ

...省略されました。全て読むにはこちら

清らかな悪ガキ

投稿日:2015-06-23 12:22:58

蝉のざわつくあの夏の日
たしかに僕らは悪ガキだった

道の真ん中で花火を散らし
近所の犬にちょっかいを出し
乾ききらぬコンクリートに葉を落とした

...省略されました。全て読むにはこちら

お茶をもう一杯

投稿日:2015-01-03 03:17:13

眠れない夜に
言葉をたどる
熱い酸を放つ
言葉のならびを

なぞっていく
昔から、こちらに向かって

糖度高め
桃色だったその言葉は
いつし

...省略されました。全て読むにはこちら

恋愛風景

投稿日:2014-08-25 01:37:58

それはそんなに美しいものではなく、アルバイトをしていた学習塾が入った雑居ビルの裏口から、ビールケースや汚れた発泡スチロールが積まれた路地を抜けて、停まっている車

...省略されました。全て読むにはこちら

溺れてく

投稿日:2014-06-03 18:58:32


無性に君の温もりが欲しくなるの

ねぇ
強く抱きしめて
可愛いって耳元で囁いて

ねぇ
キスをして
優しく触れるだけ
少し君の身体に指を這

...省略されました。全て読むにはこちら

触れる

投稿日:2014-04-19 23:59:09

あ。
今手が触れた。
恥ずかしくて、手を直ぐにひっこめる。
もう、顔を見ることができなくて、一人赤くなってる。
触れたところが熱い。
心臓がドキドキし

...省略されました。全て読むにはこちら

回想

投稿日:2014-04-03 17:12:53


この街は今日も 鼓動し始める
鐘が響きわたり
悲惨なできごとが甦るこの場所に
私は立ち 平和を願う

青く澄んだ空に 飛行機が伸びていく

...省略されました。全て読むにはこちら

ピンクのりぼん

投稿日:2013-09-04 21:52:37

ピンクのリボンを胸に刺して
黒いリボンを右手に持って
地の底の冷たい雨に濡れて
傷む素足に泣いた
ずたずたに引き裂かれた女心
次々にドミノ倒しにされて

...省略されました。全て読むにはこちら

夏空に想いし、恋の詩

投稿日:2013-08-26 16:14:54

どんなに涼しい風が吹き抜けても

私の憂鬱な気持ちを    さらっていってはくれない



どんなに熱い熱に触れても

私のもどかしい感情を  

...省略されました。全て読むにはこちら

七月七日、今宵願うは優しさを。

投稿日:2013-07-07 15:20:45

優しくなりたいのに、優しくなれないから…。



優しくなりたいと願う心と裏腹に、

次々と唇を滑り落ちるは嘘ばかり…。



「大嫌いだ!

...省略されました。全て読むにはこちら

夏。

投稿日:2013-06-11 12:30:33

暑い暑い
夏がやってくる

君と会える
熱い夏がやってくる

今年も海へ行こう

外野がうだうだ首突っ込まないでくれ…。

投稿日:2013-02-25 01:20:16

私はあの娘(こ)が、
私の隣の席の彼に、
密かに想いを寄せている事は、
知っていた。

私は隣の席の彼に、
特別好意は持っていなかったし、
あの娘

...省略されました。全て読むにはこちら

愛してるなんて言うから。

投稿日:2013-02-04 21:23:22

頬が熱い あなたのせいだよ?

これが君なら

投稿日:2013-01-25 17:03:13

熱い酸がガリガリと
僕を内側から削っている
痛覚 冴え渡り
睡眠 阻害され

蝕まれている感触
じわりじわりと
薄くなる壁

この熱い酸がもし

...省略されました。全て読むにはこちら

熱い…。

投稿日:2012-11-17 21:09:55

私の頬に伝わる熱いもの…

胎内デモクラシィ

投稿日:2012-08-05 09:25:55

太陽は洗濯機の中へ
空は病人のシーツに
カレーライスの染みが世界を蝕んでくれたらいいのに
僕を銃殺刑に決めた裁判官は遠くを見つめる

僕の血管は何を通

...省略されました。全て読むにはこちら

キッカケ

投稿日:2012-06-04 00:01:17

ザアザアと止む事のない雨の中、僕は傘もささずに歩く。

天から降ってくる雨が、まるで何をかもを洗い流してくれるように僕を濡らしていく。

この瞳から流れ

...省略されました。全て読むにはこちら

電車で

投稿日:2012-05-29 14:29:00

 あ、寝過した。

 あわてて、起きる。そこは電車の中。

 見慣れた景色はなくなってた。

 ここどこだ?

 周りを見回す。

 場所も

...省略されました。全て読むにはこちら

どちらが早いか、それだけだったんだ

投稿日:2012-05-21 17:10:28

君の肌が
僕の手より
暖かくて
安心した

君の瞳に
僕の情けない
泣き顔が映ってなくて
安心した


段々と君の手が冷たくなってきても

...省略されました。全て読むにはこちら

詩の声は透明

投稿日:2012-05-17 01:00:32

声がない潮騒が耳をくすぐる
くすくす笑いは不思議なしんきろう

まぼろしがそっとひもとくミステリー

月のブランコ石鹸で胸を洗う君

海外旅行へ行

...省略されました。全て読むにはこちら

愛すること

投稿日:2012-05-08 00:03:07

ボクは知っていた
笑顔の中によろこびがあることを
ボクは知っていた
友情の中に絆があることを

どれも些細なこと
ボクの好きな平和な世界

ボク

...省略されました。全て読むにはこちら

りんごの擬態だと思いたい。

投稿日:2012-02-15 18:51:35

授業中に君と視線がぶつかった、それだけなのに顔が熱い。

全部太陽のせい

投稿日:2012-01-18 00:03:18

口を閉ざすのが癖、私のボーイ
パパは机で煙草を吸う
口から飛ぶの口角泡
手も飛んでくるの
熱い跡を頬に残す

車は二人を乗せていくの
あの人にあん

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る