「白い」ポエムを表示中

昼時

投稿日:2018-11-07 17:00:02

太陽がちょうど真ん中に来る昼時

廊下側の席から隣にある白い校舎を見ると

太陽の光を反射して普段の白い壁より輝いて見える

まるでオパールのようだ

...省略されました。全て読むにはこちら

every

投稿日:2018-11-04 16:59:57

密かな愛情が本当の愛情
いつも裏で見つめている程
いざとなって実物を目にすると感動する
今まで見ていた遠くの風景は
何処へ行ったのだろう

ああ 苦

...省略されました。全て読むにはこちら

ウルトラバイオレット

投稿日:2018-10-08 15:04:23

暗い暗い深海で
白いエビたちが噂話をしていた
海の上の方には光というものがある
そこには色というものがあるのだそうだ
エビの一匹は色が見たくて
海を登

...省略されました。全て読むにはこちら

How can I walk, how can I…

投稿日:2018-10-02 01:54:04

時計じかけのロボットは
昨日止まってしまった

夢を持たない蛹は
夢を持たない蝶になるだけ

白いキャンバスに
色を載せても
そこにはただ退屈が

...省略されました。全て読むにはこちら

恋し夜

投稿日:2018-09-29 22:32:49

部屋の窓
東の地平の向こうから
不意に光が目に刺さる

暗闇の幕を持ち上げて
光はゆったりと姿を現し
人工の灯を消して行く

丸い橙の塊から伸び

...省略されました。全て読むにはこちら

言葉は心を越える

投稿日:2018-09-26 02:48:34

チャゲアスの名曲の「SAY YES」に言葉は心を越えないってあるけど言葉は心を越えるよ

言葉に真心を込めて放てばいい

例えば結婚式で愛娘が「お父さん

...省略されました。全て読むにはこちら

「羽」

投稿日:2018-09-20 18:31:36

「羽」


僕の羽に触れたら

寂しい空気の中も高く舞えるよ

風のゆりかごに揺れて そっと溺れてしまおう

羽根は土色で毛は真白く

...省略されました。全て読むにはこちら

「羽」

投稿日:2018-09-20 18:30:18

「羽」


僕の羽に触れたら

寂しい空気の中も高く舞えるよ

風のゆりかごに揺れて そっと溺れてしまおう

羽根は土色で毛は真白く

...省略されました。全て読むにはこちら

「羽」

投稿日:2018-09-20 18:25:11

「羽」


僕の羽に触れたら

寂しい空気の中も高く舞えるよ

風のゆりかごに揺れて そっと溺れてしまおう

羽根は土色で毛は真白く

...省略されました。全て読むにはこちら

「羽」

投稿日:2018-09-20 18:23:11

「羽」


僕の羽に触れたら


寂しい空気の中も高く舞えるよ


風のゆりかごに揺れて そっと溺れてしまおう


羽根は土色で毛は真白

...省略されました。全て読むにはこちら

夜露の小魂

投稿日:2018-09-18 11:20:26

枯れ葉の毛布にくるまって
春を夢見るかげろう
外はもうすぐ冬景色

春になったら真っ先に
可憐なあの子に駆け寄って
熱い抱擁くちづけを
恋と呼ぶに

...省略されました。全て読むにはこちら

ひとりごと スイーツ

投稿日:2018-09-10 17:53:05

すべてが白い雪で覆われているような
喉の渇きを知らない
身体の重さもない
 が食べたかったのよ

窓の外の明りがあたたかで
なにも心配はいらないの

...省略されました。全て読むにはこちら

骨になるまで

投稿日:2018-09-09 21:28:12

白い骨になるんだわ
赤い血肉は塵と消えて
白い骨だけになるんだわ

そうしてやがては
骨すらも溶けて
この世界に還るんだわ

だったら
この苦

...省略されました。全て読むにはこちら

四季

投稿日:2018-08-25 01:20:01

入学式の桜は母さんに連れられて
見上げたら満開でそれはもう鮮やかだった
何てそんな昔のこと覚えちゃいないけど
ちょっと書いてみたかっただけ

家族で

...省略されました。全て読むにはこちら

向日葵

投稿日:2018-08-12 11:42:13

ひまわり畑は
緑色と黄色でいっぱいだ
空は真っ青に白い雲

お日様に照らされて
ひまわりは
グングン成長してる

私はクラクラして
あなたはソ

...省略されました。全て読むにはこちら

眩しぃ

投稿日:2018-08-02 01:21:24

鮮やかな空のいろ植物のいろ 眩し
空の海 緑の海 曇りの日は白い海 冬はゆきの白い海
葉っぱのいろと空のいろが眩しいほど鮮やかで、
鮮やかないろの海がいっ

...省略されました。全て読むにはこちら

枯れた風

投稿日:2018-07-31 22:24:08

灰色の景色が埋め尽くす
いつの頃からか
私は迷いの荒野をさ迷う人になる
希望の光が何処かにあるかと目を凝らしても
右も左も 後ろも前も
同じ景色が広が

...省略されました。全て読むにはこちら

豆大福

投稿日:2018-07-26 16:53:31

まめまめー白い素肌の
もちっとした奴、それはー
ふっくら ふく 福
豆大福 ひ・と・つ
熱い緑茶がよく似合う
あ・な・たのお・そ・ばに
豆の歯ごたえ

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-07-26 09:53:11

空に 白い星

それは 昼は太陽の光に姿を隠した

それは 夜は月の光に空を舞った

だけど

それは 自らの輝きを知らない

それは 自ら

...省略されました。全て読むにはこちら

飛び出し注意

投稿日:2018-07-21 15:15:10

四角い窓から
どれだけ体を乗り出したって
飛び出す勇気はありはしない
飛ぶには鎖をねじ切って
翼の用意をしなくちゃね
鎖を切るには頑丈なハサミ
翼は

...省略されました。全て読むにはこちら

この小さな、だけど無数にある世界のこと

投稿日:2018-07-19 03:53:43

行きたいのにいけない
そっちの世界には誰がいますか
生きたいのにいけない
そこにはきっと君がいるから

初めての屋根裏部屋で
古びた木箱を見つけてみ

...省略されました。全て読むにはこちら

夏の日の午後1

投稿日:2018-07-14 09:01:24

夏の日の午後。
私達5人は掃除当番だった。
メンバーは男子4人と女子は私だけ。
その時は私、男子みたいだったからあまり
気にはしていなかった。
白い肌

...省略されました。全て読むにはこちら

(スキップ)

投稿日:2018-05-05 15:39:02

爽やかな澄んだ空気を
胸にたっぷり吸い込んで
スキップスキップらんらんらん
青い空に何を描こう
ゆっくり流れる白い雲が
どこまでも続く広々とした景色を

...省略されました。全て読むにはこちら

るー(スキップ)

投稿日:2018-05-05 15:33:36

爽やかな澄んだ空気を
胸にたっぷり吸い込んで
スキップスキップらんらんらん
青い空に何を描こう
ゆっくり流れる白い雲が
どこまでも続く広々とした景色を

...省略されました。全て読むにはこちら

漂白

投稿日:2018-04-23 23:44:05

3日間くらい白いさらさらな世界で漂白されたい

夕霧

投稿日:2018-04-02 22:16:02

茜のように広がる空

眉のような白い雲

艶やかな髪は強い力を

暖かな瞳は眩い未来を

なによりも美しいあなたの姿

...省略されました。全て読むにはこちら

思い(作詞途中で折れたまま投稿してみた)

投稿日:2018-03-26 06:32:11

渇いた心で 白い道を歩いていた
振り返っても そこに何もありはしない
黒い箱の中 虚ろな瞳で視ていた
視界の先には 通り過ぎてく人々の群れ

「何も求

...省略されました。全て読むにはこちら

冬物語

投稿日:2018-03-05 07:29:57

白い雪が空から舞い降りて
君の手のひらに届くとき
きらめいて僕のハートに届くよ
まあるい白い息に 見上げてごらん
空からのプレゼント

...省略されました。全て読むにはこちら

寝起き

投稿日:2018-03-04 22:21:11

4月の昼過ぎ
汗をかいていた
暖かな陽気
穏やかな風が吹く

こんなぬるい風の
晴天の日に
かなしみをもてあまして
立ち尽くした日の数だけ

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-02-25 10:21:15

カラスは浮気をしないらしい。
一生つがいと生きる。
片方が死んだら。
一生一羽で生きる。
そこに知恵はあるのだろうか。
それともー。
カラスは人間以

...省略されました。全て読むにはこちら

N_K_Y__

投稿日:2018-02-04 09:21:23

心臓からいちごの香りがしてた
ああ なんだかもう末期だな って
長く長く伸びた後ろ髪が雲に絡まってたんだ

Hello_?って ぼくたちを助けてくれたあ

...省略されました。全て読むにはこちら

きらきらを集める

投稿日:2018-02-01 21:03:29

ああ 本当に嫌だなぁ
また落としてしまった
大切なもの
白いカーテンを拾い上げた時
きみの首がよぎった
なんて生々しいことを 僕は
語彙力が足りない

...省略されました。全て読むにはこちら

ワタシのきもち (エルサポエム)

投稿日:2018-01-31 01:38:10

いつまでもいっしょにいたいって
わがままかもしれないけれど
でも心の底からそうおもってるの
運命の人に出会えたシアワセ
それをずっと抱きしめていたい

...省略されました。全て読むにはこちら

次の季節へ

投稿日:2018-01-30 05:50:02

朝の陽ざしを浴びて 今日も一日出掛けると
白い綿のように見えたそれは
景色一面の雪化粧
車が雪の上を軋み 庭先にある雪だるま
吐く息は白く 心も白く霞ん

...省略されました。全て読むにはこちら

見失うモノ

投稿日:2018-01-26 22:49:19

幾度思い出しても もう帰っては来ない
輝く日々と 別れてしまった 卯月の過ち・・・

微笑みながら 二人で眺めた 鮮やかな桜
アナタとなら くだらない話

...省略されました。全て読むにはこちら

Life・・・Memories・・・

投稿日:2018-01-26 16:28:08

自転車で 馬鹿みたいに あの森を駆け抜けた春
笑いながら アイツらと共に 当てなく進んでた
海岸で 子供みたいに 花火なんかしてた夏
歌いながら アイツら

...省略されました。全て読むにはこちら

このまま

投稿日:2018-01-14 02:05:46


このままでいたい

心地いい友達の距離で構わない

そう 思っていたはずなのに

これ以上を求めようとする私がいる


君の理由になりたい

...省略されました。全て読むにはこちら

いつからか、それだけじゃない

投稿日:2018-01-08 11:03:58


青い空、白い雲、みたいな
君と僕、電線と踏切、みたいに
どこにでもある風景、ありふれたフレーズ
なのに、それだけじゃない
いつからか、それだけじゃな

...省略されました。全て読むにはこちら

別れ雪 ~母の葬儀の日に~

投稿日:2018-01-08 01:34:20

母の葬儀の日

焼き場の煙突の白い煙と

舞い降りた粉雪が重なって

とても美しく思えた

空へ煙となって還る母を

無数の天使たちが迎えに

...省略されました。全て読むにはこちら

小雨ノ茨《ネムリヒメ》

投稿日:2018-01-07 00:03:29


deep sleep深き眠りへ
愛する者たちを残して
私は眠りにつくのです
____年もの永き時を、夢の世界で___

お父様もお母様も、家臣や犬

...省略されました。全て読むにはこちら

交差点

投稿日:2018-01-06 20:31:53

泣けない女の白い息
薄青の中の細い影
夜は明けていくけれど
彼女の夜は明けない

誰にも届かぬ息の先
待っているのはたった一人の足音
風に揺れる信

...省略されました。全て読むにはこちら

霙涙ト霰ノ雫

投稿日:2017-12-30 23:59:56


零れ落ちる涙は時を得ず凍る
冷えきった空気に白い息
微かに瑠璃色に染まる君の頬を
僕は虚ろな瞳で見つめていた

ぎゅっと手をつないでいよう、
1

...省略されました。全て読むにはこちら

イメージ

投稿日:2017-12-19 16:52:42

今年もまた サヨナラの季節がやってきた
大地がまとった真白な衣も 冷たい哀しみでしかない
コートをはおって歩く 静寂の裏通り
駆け抜けていった木枯らしが 

...省略されました。全て読むにはこちら

ワン Day

投稿日:2017-12-19 14:54:04

ポカポカ陽気に 子犬は歩くよ 太陽が笑っているから!
シッポをフリフリ トコトコ歩くよ 風とおしゃべりしながら!
にぎやかな場所も 静かな場所も
ところか

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-11-27 06:53:42



君には赤い色がよく似合う

白いワンピースの胸元に飾られた
赤い薔薇のブローチ

赤いルージュの唇が笑う

瞼に焼き付いて離れない
君の

...省略されました。全て読むにはこちら

Gibberish-words -意味をなさない言葉たち-

投稿日:2017-11-25 22:20:35

見落とした遠い冬
枯れかけの小鳥

降りしきる赤い庭に
寄り添うように立つ、君

おそらく近い未来
それは やって来ると、して

失くしたのは

...省略されました。全て読むにはこちら

黒い

投稿日:2017-11-14 23:15:24

目が黒々とひかり白いまん丸ジッと
ひたすらにてらてらと輝き其の女
眼光爛々としかしどろりと汚濁に塗れ
まぶた重々しくぬっとりと閉じては開け閉じては開け

...省略されました。全て読むにはこちら

ほろ苦さ

投稿日:2017-10-26 10:42:43

並んだ二つのカップ
白い湯気が立ち上り
黒いコーヒーをすする
その音を耳にして
私はあなたをみつめた
いつの間にか秋風が吹き
じきに木枯しが吹きすさ

...省略されました。全て読むにはこちら

カラフル

投稿日:2017-10-25 19:18:02

白い吐息が出る頃に
アスファルトに雪が落ち
ぽつぽつと染み込んで
結晶が一面に降り注ぎ
目の前が霞んで
真っ白な花園が咲き誇り
地面に触れると

...省略されました。全て読むにはこちら

祈り

投稿日:2017-10-20 20:34:34

ビー玉の世界をそっと覗いてみる
親指と人差し指でつまんで
小さなガラスに写るそれは
大きな世界が現れた
青い空と白い雲が逆さに見え
私はこの指で

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る