「美しい」ポエムを表示中

鳥たち

投稿日:2017-07-21 14:16:55

美しい鳥はその羽を羽ばたかせ何時までも飛んで行く。
小鳥は小さいけれど、木から木へわたり飛ぶ。
鷲はそのちから強い体力で、大空を飛び回る。下を見れば壮大な森

...省略されました。全て読むにはこちら

卒業

投稿日:2017-07-18 11:51:43

卒業は、一時の別れという。桜が咲くと、春だなと季節が巡るごとに思うのです。
先生の声、学舎、友人との談笑、恋、若かりし日の恋だからこそ、甘酸っぱくも切ない。あ

...省略されました。全て読むにはこちら

連星

投稿日:2017-07-09 23:29:03

私たちは二つ星

深い漆黒の世界、二人ぼっちで、つかず離れずクルクル正円を描いて回り続ける

私たちは二つで一つ

彼は深い青の星、私は緑の星

...省略されました。全て読むにはこちら

ジャンヌダルク

投稿日:2017-07-01 09:06:01

怒ってみる
血走った眼で、体を震わせ、「あー」と叫んでみる
怒っていると認識する
私は、怒っている
怒るほど、生きているんだよ
私も生きているんだよ

...省略されました。全て読むにはこちら

5%の人形

投稿日:2017-06-23 03:05:19

見えてないよ 見なくていいよ

此処はどうやら鏡の世界

すべてを知ってるつもり? それはたったの5パーセント

聞こえてないよ 聞かなくていいよ

...省略されました。全て読むにはこちら

砂糖、遂に、現実まで溶かす。

投稿日:2017-06-13 13:06:07

罵倒され、耐えた、あなたは強い(何も出来ない)
傷つけず、見守る、あなたは優しい(何も出来ない)
顧みず、請け負う、あなたは美しい(何も出来ない)

...省略されました。全て読むにはこちら

幸せな夢

投稿日:2017-06-10 00:51:13

幸せな夢をみた
彼と一緒に街でデートする夢
きれいなガラス細工が目にとまって
ショーウィンドウの前でながめていたら
粉々になって割れてしまった
悲しく

...省略されました。全て読むにはこちら

おかえり 私のプライドたち

投稿日:2017-06-07 22:09:54

おかえり
私のプライドたち
もう大丈夫
私はあなたを傷つけないわ

葉を食む青虫が嫌いとあなたが言う
誰をも責めずに生きる青虫が私は好き
役にも立

...省略されました。全て読むにはこちら

明日のTVアニメ(地上波関東版)06/07

投稿日:2017-06-06 17:46:35

今日の一言:街灯が雨を美しく照らす。この美しい世界をまた愛した。

※今日の一言を募集しています。アニメと無関係でも全然OKですが、改行は削除して1行にまと

...省略されました。全て読むにはこちら

  そら

投稿日:2017-06-04 22:06:51

わたくしはいつでもあなたを愛しています
愛の形が定まらないだけです
あの時ふたりで見た景色
今もどこかにあるはずですが
並んで歩くことも無くなったので

...省略されました。全て読むにはこちら

変わらないもの。

投稿日:2017-05-29 02:33:08

「今日も上司から怒られた。。凹むな〜。。。」

やっとの思いで仕事を終え、会社からの帰り道、夕立に降られ傘が役に立たずビショ濡れ。

夕立が止み駅に向か

...省略されました。全て読むにはこちら

あの子みたいに

投稿日:2017-05-04 18:26:35

君が引っ越すと聞いて

僕は何も感じなかった

君はあの時の目と同じ目をしている

学校から近い君の家に

引っ越す為の車やものが積み上げられて

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-04-30 13:49:11

美しい。

その姿はどんなに哀れでも美しい。

生き様も、死に様も、泣く時も、幸せな時も、絶望してる時も…。

そして、触れ合い協力し、裏切るものも

...省略されました。全て読むにはこちら

二人だけのもの

投稿日:2017-04-26 15:22:24

僕との人生なら
笑えない君だって欲しいし
今までの君だって欲しいし
一番は僕にいっぱい甘えて
僕の事もっと好きになって欲しい

色んな君を隣で眺めて

...省略されました。全て読むにはこちら

鮮血のポロック

投稿日:2017-04-26 13:02:06

~高層ビルの屋上にて~
とある視点主たち
あの人は落ちるね
覚悟した目をしてる
お腹の大きな三十歳くらいの女の人
有終の美かな
でも鳥じゃないから美

...省略されました。全て読むにはこちら

砂場のピカソ

投稿日:2017-04-23 10:43:35

私は絵を描くのが好きだ
でもとても奇妙な絵柄だから
みんなにピカソみたいって言われる

わるい気なんてもちろんしない
誇らしさで胸がいっぱいになる

...省略されました。全て読むにはこちら

君があまりに優しいから

投稿日:2017-04-21 19:33:41

どこにも行けないのは
どこにも行きたくないから
僕はいくつになっても怖がりなまま
進むことさえできない僕に
君は優しく微笑んだ

君が笑うと世界はい

...省略されました。全て読むにはこちら

腕を切る

投稿日:2017-04-14 20:54:56

草原のたんぽぽ やわらかい風
青い匂い 白い雲 透き通る空
こんな気持ちで生きていけたら

私を照らす温かな太陽
涙が出る
世界はこんなにも美しいの

...省略されました。全て読むにはこちら

決して切り離せない

投稿日:2017-04-09 14:38:53

人は
美しいものが好きだから

美しいものの基準は
人それぞれだ

人の笑顔が美しい
流れる川が美しい
変わらない友情関係が美しい

目に見

...省略されました。全て読むにはこちら

僕の隣以外の君は居ないよ

投稿日:2017-04-08 16:00:40

綺麗な人
美しい
愛しいから
悔しかった
君を知れない事も

君にとっての小さな小さな
束の中のひとりでしかないのが

本当に絶望した

...省略されました。全て読むにはこちら

まだ見えたあの星

投稿日:2017-04-01 07:42:26

ふと夜空を見上げて

なんとなく星が綺麗なのがわかって

おもうのは。


目がいい時にもっと空を眺めておくべきだったなと、

小さいけれど大

...省略されました。全て読むにはこちら

perfect place

投稿日:2017-03-28 21:51:50

朝の日差しは綺麗
でもそこに心は重ねられない
味方だったあなたが私を傷つけて
独りで泣くだけの自分を私が憎む

部屋の窓に映る世界は綺麗
でもそれは

...省略されました。全て読むにはこちら

見栄

投稿日:2017-03-27 18:21:57


この世で最も美しい詩は
僕が見ている景色に違いない

笑顔

投稿日:2017-03-22 17:11:26

君の笑顔は
まるで太陽の様に光輝いていて
人生の闇の中に居た
僕の心に
君から
「優しく美しい笑顔」の光を照らしてくれた
君の笑顔は
僕の闇を消し

...省略されました。全て読むにはこちら

忘却 another

投稿日:2017-03-20 21:50:27

あと少し
変わらない世界は
あと何年かだけ

たいせつな時間なのに
たいせつにできないのはなぜ
いまに向き合えないのはなぜ
離れたのはなぜ

...省略されました。全て読むにはこちら

あの人の卒業

投稿日:2017-03-17 19:04:27

春は出会いと別れの季節だと
行く先々で耳にするけれど
別れなんてなければ最高なのに、なんて
都合のいい事だけを願う僕は子どもだろうか

世界が灰色に見

...省略されました。全て読むにはこちら

女々しいと笑ってくれよ

投稿日:2017-03-17 19:04:26

いなくなるんだと考えると
心の中にぽっかりと穴が空いたみたいで
小説の表現みたいだな、なんて
巫山戯て考えてみるけれど
零れる笑い声はどこか自嘲的だ

...省略されました。全て読むにはこちら

女々しいと笑ってくれよ

投稿日:2017-03-17 19:01:32

いなくなるんだと考えると
心の中にぽっかりと穴が空いたみたいで
小説の表現みたいだな、なんて
巫山戯て考えてみるけれど
零れる笑い声はどこか自嘲的だ

...省略されました。全て読むにはこちら

初恋

投稿日:2017-03-17 00:35:46

君が近くに来ると
私の声は自然と大きくなってしまう
存在に気づいて欲しくて

結局友達にすらなれなかった
でも同じ空間に居られて幸せだった
美しい思

...省略されました。全て読むにはこちら

運命

投稿日:2017-03-14 23:47:58

あなたは言った
「恋は儚いからこそ美しい」
「叶わないからこそ輝く」と

橋を渡りながら語るあなた
「僕はそう思いません」
そう答えるとあなたは笑い

...省略されました。全て読むにはこちら

世界はずるい

投稿日:2017-03-13 18:38:12

世界は綺麗、綺麗でずるい

こんなにも美しいなんて、知りたくなかった

富士の樹海で一夜を明かし朝焼けの少し前

冷たい風のなか手近な木にロープを結

...省略されました。全て読むにはこちら

こころ

投稿日:2017-03-07 23:28:52

どんな大人も
初めは子供だった

たいていの大人は
自分が子供だったことを
忘れている

でもふと
自分の中の子供ごころが
目を覚ます時がある

...省略されました。全て読むにはこちら

はやすぎる夜のための詩

投稿日:2017-03-07 21:38:33


「三文文士」になりたくはないかい?
日々 せっせと身を切るように言葉を吐き出し
日々 それすら誰彼ともなく嘲弄される
そんな救いのない惨めな敗者になり

...省略されました。全て読むにはこちら

少年

投稿日:2017-03-04 22:20:07

死に向かうロボットの行列が
列車から降りてくる夜

額に汗して働いて
家族を養うロボットの行列が
家路を急ぐ駅前

ロボットに悩む事は許されない

...省略されました。全て読むにはこちら

淫夢

投稿日:2017-03-03 08:18:44

もう君はいないのかい?
僕には、よくはわからないんだ

君の手元にあるその石を
空中に向かって投げてごらんよ
それは「重力」と名付けられた物理法則に

...省略されました。全て読むにはこちら

君は

投稿日:2017-02-26 00:17:44

君は美しい
私は醜い

君は賢い
私は愚かだ

君は自信家
私は卑屈だ

君は優しい
私は薄情だ

そして、ああ、君は私を叱る
どうし

...省略されました。全て読むにはこちら

無題

投稿日:2017-02-25 23:13:40

花に例えられるほど、美しいものでもない

枯れた思いは、世に溢れているだろう

だんだんと虹は掛かったけど

「当たり前」は根付いてしまったようだ

...省略されました。全て読むにはこちら

わたしへの手紙

投稿日:2017-02-25 19:59:17

誰からも愛されていないと思っている私へ

現実はいつも思い通りにならないと思っている私へ

常に将来への不安をもっている私へ

自分はなにもできない

...省略されました。全て読むにはこちら

君へ7

投稿日:2017-02-15 01:40:39

君に会う為の練習
お互いに合致の行く
上手い契約出来そうだったけど
駄目だった

君に会う為の練習
大切なものを残して置く為に
適度な女性慣れをし

...省略されました。全て読むにはこちら

敬意に任せて4

投稿日:2017-02-13 19:34:52

ねぇ、凄すぎるよ。
ただ 感心する
驚く、呆れる、感心する
怒りと悲しみと
無垢な嘘に笑わされてしまったよ
作り笑いが上手そうなピエロ
でもピ

...省略されました。全て読むにはこちら

君へ4

投稿日:2017-02-04 11:38:07

深く考えなくていいから
今のままの君でこんな僕をどう思う?
君はもっと一途な人に見えてたから
ただただ頭が上がらないねw

ごめんね君は悲しいよね

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-02-04 02:29:34

女性と言うのは。儚くて美しい。

思い出派

投稿日:2017-01-30 02:06:13

美しい儚げな言の葉はこの森

隣に感じる様みる僕が

貴女の見せる幻に。。

夢そのものなのでしょうか

遠くに夢を持って。持ちつつも放浪する

...省略されました。全て読むにはこちら

心の底から

投稿日:2017-01-29 23:56:56

車と車の隙間 赤信号でとまった世界
今日の空はなんだか優しい
覚えてますか?3年前
私は暗い顔で 座り込んでいた
美しい空 見放された気持ちで
誰の

...省略されました。全て読むにはこちら

都会

投稿日:2017-01-28 15:19:39

この人工的な場所が
美しいと感じました

緑のある
コンクリートのある
人のいる

整っていて 美しいと感じました

君の犠牲の上にあることも

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:51

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:34

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:14

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

蝶を待つ木

投稿日:2017-01-28 14:36:08

木は待っていました
今年も帰って来るはずの蝶
寒い冬が終われば
青い空の向こうから美しい羽が見える筈
柔らかな薄緑の卵を抱きしめる夢を
毎夜の露に湿ら

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-01-26 23:18:56

狂った君も美しいだろうなって
思っている僕は狂っているのだろう



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る