「軽やか」ポエムを表示中

水宝玉の夢

投稿日:2017-03-27 18:54:27

短冊に書いた願いが
夜空から吹く
この星の気流に乗って
僕に話しかけてくることがある

僕は確かに二つの酔いを感じた
アルコールと
それから惨めな

...省略されました。全て読むにはこちら

サイダー

投稿日:2017-03-25 21:41:37

思い出はサイダーの泡になって
いくつもいくつも飛んで行く
軽やかな小さな音をたてて
軽やかな足のりで
コップに注いだら
あっという間
思い出はサイダ

...省略されました。全て読むにはこちら

倖せの扉

投稿日:2016-11-04 06:23:43

朝おはようと挨拶を交わしたら
軽やかな気持ちになった
ゴミを一つ拾った
たったそれだけなのに
善い人になれた気がした

見つからなかった倖せの扉が

...省略されました。全て読むにはこちら

心にもない「ありがとう」

投稿日:2016-10-23 16:01:01

自尊心の為の
見せかけの優しさに
心にも無いありがとうを言うときの
虚しさと来たら・・・

上辺ばかり取り繕う
見せかけのいい訳に
心にもない赦し

...省略されました。全て読むにはこちら

僕らの時代

投稿日:2016-08-15 21:27:21

汚れた壁紙の薄暗い四角の部屋の中に
押し詰められて
何もわからないまま生きていたくはない

白い紙に面白みなく並べられた黒い文字に
自分の価値を決めら

...省略されました。全て読むにはこちら

アップデイト

投稿日:2016-06-10 19:47:45

16時前の6月は
ほんのりとオレンジ色
街路樹と紫陽花
それは走馬灯のような

死ぬときには
世界が光り輝いて見えるというのは
本当だろうか

...省略されました。全て読むにはこちら

three

投稿日:2015-11-28 14:56:09

森には息吹と温もりがあって

海には生命と清らかさがあって

空には風と軽やかさがある

three

投稿日:2015-11-28 14:56:09

森には息吹と温もりがあって

海には生命と清らかさがあって

空には風と軽やかさがある

秋・・・。

投稿日:2013-10-13 22:50:38

いつもまに、秋になっていたのだろう?

十月の、この風は、切ないほどに干乾びたさびしさの響きが、しずかに込められてあった。

この錆びた響きを聴くたびに

...省略されました。全て読むにはこちら

たまちゃんのように・・・

投稿日:2013-08-11 16:53:35

多くのものを かかえ込み
ふらつきながら 歩いている
そんな暮らしぶりから
そっと 抜け出して
たまちゃんのように
やんわりと 生きていけたら
なん

...省略されました。全て読むにはこちら

鈴の音が聴こえる

投稿日:2012-12-27 21:38:09

チリン…チリン…


あぁ。
君が来た。

僕は自信を持って振り返る。

やっぱり。

君はその携帯に付いたストラップの鈴を、
軽やかに鳴

...省略されました。全て読むにはこちら

キミの好みを教えてよ

投稿日:2012-12-10 15:37:04

キミは、
手が届きそうで届かない、
気高く舞う、
黒揚羽の様だ。


キミの姿は、
例え他の黒に紛れていても、
私にはすぐに見つけられる。

...省略されました。全て読むにはこちら

Liar

投稿日:2012-02-12 17:46:28

目の前揺れる影を腕に絡め 足取り軽やかに進む道のり
眩しさに細めた瞳には 既に何も映らず
そこには一片の恐怖すら存在しない

薄く開いた口から漏れ出す言

...省略されました。全て読むにはこちら

ピアノとマエストロ

投稿日:2011-07-23 22:35:07

流れるような ゆびさきの
指揮にあわせて
軽やかにうたう ピアノ

その無垢な心に
ただただ あこがれるばかり

...省略されました。全て読むにはこちら

変わらないもの

投稿日:2010-09-16 13:54:53


都会の雑踏 女子高生、を見て
若いねぇ、なんて無意識に呟く時点で
私と姉さん 歳を取りましたね

あなたとの出会いは十代前半
第一印象は最低 最悪

...省略されました。全て読むにはこちら

それすらも、ゆめ

投稿日:2010-02-07 09:02:03

あなたの白い指が
白い鍵盤の上を踊って
私は隣で笛を吹くの

軽やかに歌って
目が合って
微笑み交わして

目を覚ますと
すべて消えてしまうけ

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る