「違いない」ポエムを表示中

「あの雨上がりの丘で」

投稿日:2017-04-22 05:57:06

今日全てが終わるなんて

思ってもいないけど

今日全ての始まりだって

思ってるのは違いない

朝日が近い


最期の日がくるまで

...省略されました。全て読むにはこちら

停車場で

投稿日:2017-04-18 06:43:00

乗り遅れた約束のバスを見送って
青い雨が降り続くこの停車場に
僕はずっと立ちつくしている

やがて雨雲を風が連れ去り
澄み切った川の水流が泥で汚される

...省略されました。全て読むにはこちら

そっと

投稿日:2017-04-16 21:59:31

ふっと手を這う蜘蛛をみた
目に入らなければ気づきもせずに
不意に潰していたに違いない
はっとティッシュに手を伸ばしたが
どうしてこれを潰せよう
僕はテ

...省略されました。全て読むにはこちら

呪詛

投稿日:2017-04-04 22:28:59


俺は豚だ
だから誰かハムにして殺してくれ

俺は蛭だ
だから誰か燃やしてくれ

俺は蛆だ
糞の上で小さく身じろぎし続けている
いつか変態を経

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-04-02 01:03:14

雨の日の明け方は縹色
ビニール傘
駅のホームで寄り添うカップルに
今なっている

幸せなだけの恋も
恋に違いないのに
また指輪のポスターから

...省略されました。全て読むにはこちら

憂鬱

投稿日:2017-03-29 22:03:34


汚れた水を飲み続けている
また あの頃のような悲しさが
僕の胸に去来することはもうないのだろうか

気がつくと夕暮れが
死神の鎌のように首元まで迫

...省略されました。全て読むにはこちら

見栄

投稿日:2017-03-27 18:21:57


この世で最も美しい詩は
僕が見ている景色に違いない

幻覚 或いは残像

投稿日:2017-02-26 09:01:48

遠ざかる電灯の光を見つめ続けた
それは加速度の上昇に伴って
やがて小さな点となり
黒い夜の中に吸い込まれて消えた

あの消えた光の中
今日死んだ全て

...省略されました。全て読むにはこちら

人体実験

投稿日:2017-02-17 11:06:52

人は気を配らないと常に獣である
理性の無い者は衝動のままに動くそれと同じである
しかし人は皆人なのである
お前が獣と鳴こうが人を獣にする事は
言いつけの

...省略されました。全て読むにはこちら

酩酊

投稿日:2017-02-11 10:46:58


こんな夜だ。どんな夜だ。僕はもう知らない。
兎にも角にも酩酊。後にはブヨブヨの肌が擦れる感触しか残らない。
酒混じりの珈琲の味と香り。まるで犬の糞だ。だ

...省略されました。全て読むにはこちら

ただ

投稿日:2016-10-10 00:20:32

慰めの言葉なんて要らない
それならいっそ
見ない振りをして
通り過ぎてくれた方が
よっぽどいい
本気じゃないなら
手を差し伸べる事なんてしないで

...省略されました。全て読むにはこちら

ラブソング

投稿日:2016-07-30 00:11:28

もう一度繰り返しても
あなたに好きだとは
言えないに違いない
臆病すぎる私は
わかっていて笑ってくれた
あなたの優しさにすら
気づけないままだった

...省略されました。全て読むにはこちら

無題

投稿日:2016-01-12 16:57:47

時々思うんだ。

全てリセットして、まっさらな状態からやり直したいって。

そしたら人生もっとハッピーじゃないかって。

でも、リセットしてもきっと

...省略されました。全て読むにはこちら

無題

投稿日:2015-10-30 19:14:39

『家庭は安らぎの場所』
誰がそんなこと言い始めたんだよ。

そんなの体験したことねぇよ。

幼稚園の頃から、28歳の今だって
朝は両親の喧嘩で起こさ

...省略されました。全て読むにはこちら

笑顔

投稿日:2015-10-07 17:27:47

いつも笑っている
バカだと思われてるに違いない
泣いてるとこを見られたくない
弱みを見せたくない

わたしの
やらかいところがやらかいままでありたい

...省略されました。全て読むにはこちら

見えてしまえば

投稿日:2015-09-26 11:29:19

心が見えたら、、と人は言う


でも


心が見えた方が


もっと辛くなるに違いない




...省略されました。全て読むにはこちら

寂寥

投稿日:2014-11-10 09:30:46

夕日が沈んだ後の空に紫色の雲がさまよっている
私はぼんやりとそれを眺める
周りにはセカセカと歩く人の群れ
きっとこの人達も
あの雲のようにさまよっている

...省略されました。全て読むにはこちら

後 図(こうと) 側面 その二

投稿日:2014-05-25 02:09:36

後 図(こうと) 足利直義視点


 四面海か絶海か どちらも海には違いない
 波間に漂う藻草 それは明日の我が身の姿か

 狡兎(こうと)死して走

...省略されました。全て読むにはこちら

ワイドショー

投稿日:2014-01-23 11:10:30

芸能人が素人をビンタしたって。

死んじゃったあの人が隣に居れば
きっと止めてくれたに違いないって。

あくまで当人同士の問題だから
周りが口を挟む

...省略されました。全て読むにはこちら

鏡の中の私

投稿日:2013-09-23 20:42:47

朝起きて
眠気まなこで洗面所に行く。

そこの鏡には
いつもと同じ
青白い顔をし目の下にくまがある
頬のこけた私がいる。

まるで幽霊のようだ…

...省略されました。全て読むにはこちら

枯れ木

投稿日:2012-12-17 20:44:19

丘の上にある1本の木。
自分を守る葉っぱすら身に付けず、
冷たく突き刺さる様な雨も、
重たくのし掛かるような雪も、
独りぼっちで耐えている。


...省略されました。全て読むにはこちら

あいしてる

投稿日:2012-06-15 16:33:03

いつもその先を言ってくれない
きっといい事に違いないのに
君はいつも同じところでやめてしまう
だけど今日は言ってくれたんだ
その先の言葉を
あいしてる

...省略されました。全て読むにはこちら

未来への逃走

投稿日:2012-03-28 15:30:42

何かが追いかけてきているわけでもない
何かが押し迫ってきているわけでもない
それでも感じずにはいられない
私の立っている場所に大きな地鳴りが近づいて来てい

...省略されました。全て読むにはこちら

煙に巻かれる傀儡人形

投稿日:2011-12-11 16:49:30

雑踏の中 シャッター音がつんざくような悲鳴を上げた
追い回された哀れな人は 影の落ちた瞳で世界を見渡し
頭上で密かにぶら下がる

『火のない所に煙は立た

...省略されました。全て読むにはこちら

*君にとっての僕の存在

投稿日:2011-11-23 14:02:29

僕は時々思う
僕にとって君は「友達」という存在価値なのだけど
君は僕にどういう「価値」をつけてるのか
ただそれだけが気になる
仮に僕が問いたら
「友達

...省略されました。全て読むにはこちら

なぁーんにもない

投稿日:2011-10-26 20:38:18

 頭の上には空があって、足元にはアスファルト道がある。
 空を叩けばパンと乾いた音がする。
 地面を蹴るとトーンと音がする。
 なぁーんにも入っていないア

...省略されました。全て読むにはこちら

七夕祭り

投稿日:2011-07-06 23:52:37

君との初デートは 商店街の七夕祭りだった

初めて見る 君の浴衣姿

ずごくかわいくて しばらく見とれてしまった

君は 何も言わない僕に 少しご立

...省略されました。全て読むにはこちら

なにもいえない

投稿日:2010-11-29 18:46:59

なにも難しいことなんてなかった。
ただ頭に浮かんだ言葉を素直に、包み隠さず、
ならべて見せれば
僕らは許しあうことができたに違いない。
けれど僕は言葉を

...省略されました。全て読むにはこちら

砂漠の中で立ち尽くす

投稿日:2010-08-15 00:51:45

私は自分が親に甘やかされて育った事を知ってる。
甘やかされた自覚があると言う事は、確かに愛されていたということだ。
確かに・・・その分、どうしようもない汚い

...省略されました。全て読むにはこちら

才能があるって信じよう

投稿日:2010-06-02 23:09:19

俺には才能がある
芸術系統の才能がある
それは俺の強みである
唯一譲れない強みである

でもそれだけじゃ物足りない
もっと欲しい
もっと才能があっ

...省略されました。全て読むにはこちら

ショートショートでもいいのかな・2

投稿日:2008-10-23 16:18:33

祐介の影は時折出かけます。あんまりにも会社会社で日に当たらない祐介に業を煮やして、ほんとうに時々ではありますが、ひとりで出かけてしまうのです。
そのたびに探し

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る