「遠い」ポエムを表示中

青林檎にくちづけを

投稿日:2019-03-12 08:57:28

誰かの声か
アラームか
うるさい音で目が覚めた

遠い世界の
羊と一緒に寝転ぶあたしにさようなら


お昼のチャイムを背に受けて
あたしは教室

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2019-03-11 11:06:52

君はどこからやって来たの
風はどこからやって来たの
遠い日の影追いかけ
僅かな記憶追いかけ
明日はどこからやって来るの
僕は東で待っているね
届かな

...省略されました。全て読むにはこちら

出発

投稿日:2019-02-20 23:56:00

羽ばたけよ
君の翼を大空に
精一杯に動かして
羽ばたけよ
明朝君は出てゆくが
見果てぬ夢を追いかけて
遠い世界に憧れて
キャリーバックに夢を詰め

...省略されました。全て読むにはこちら

君に会わなけりゃよかった

投稿日:2019-02-19 18:45:26

出逢わなけりゃよかった

こんなにも簡単に会えない距離がもどかしい

すれ違った時に「違うよ」って抱きしめられない

君と見たい景色が したいこと

...省略されました。全て読むにはこちら

からっぽを砂で埋めたのさ

投稿日:2019-02-18 23:25:49

砂で満たされた悲しげな靴
砂上に紐を垂らして泣く

足りない愛を探して海へ
満ち足りた海で重さを手に入れたのかい

それでも形のない愛には耐えられず

...省略されました。全て読むにはこちら

スタート地点

投稿日:2019-02-17 14:14:15

ぐちゃぐちゃ悩むより
あの瞬間を思い出すことにした

あれこれ考えるより
ただシンプルに守りたいと思った

時期早々 だからまだまだ遠い
虎視眈々

...省略されました。全て読むにはこちら

手袋をあなたに

投稿日:2019-02-02 23:03:54

寒さが指先から這い寄るように
人もまた、遠いところから冷えてゆくものです

解放

投稿日:2019-01-31 01:09:47

嫌いになったろ

もう愛想尽かしたろ

早くしてくれ 早く楽に

いい加減な気持ちで振り回すんじゃない

もう何度も「好き」だって囁いて

...省略されました。全て読むにはこちら

伝えたい言葉があったんだ

投稿日:2018-11-06 16:23:22

ずっと遠い昔
忘れてきたあの日
思い出すように
溢れ出す
ずっと伝えたかったんだ
あの時あの瞬間
沸き上がる想いはいつだって
心の奥底にしまってい

...省略されました。全て読むにはこちら

遺伝子よ届け

投稿日:2018-11-03 17:20:43

しまった、またアメリカの戦闘機に見付かっちまった

第一ミサイル発射
第二ミサイル発射
第三ミサイル発射
第四ミサイル発射

ああああああああああ

...省略されました。全て読むにはこちら

いかないで

投稿日:2018-10-17 22:53:59

君のことは知ってるよ

「大丈夫だよ」が口癖で 恥ずかしがりなとこ

優しそうな顔して意外と頑固なとことか


……実はここにはいないってことも

...省略されました。全て読むにはこちら

紅い花

投稿日:2018-10-10 19:41:31

最近君の顔が薄らいでゆく
去年まで明瞭に思い出せたのに
1年は早くて遠い
雲一つない澄んだ青空の下
咲いていたのは彼岸花だったか
紅い花が咲いていた気

...省略されました。全て読むにはこちら

人生の傍観者

投稿日:2018-08-20 01:44:12

自慢げに話す君に生返事で答える僕

その自慢話は、たしかに彼女が掴み取った自慢すべき事実で

現実のことであるのは間違いない

でも僕はなんだか遠い

...省略されました。全て読むにはこちら

藻塩の煙と雨夜の星

投稿日:2018-08-13 23:48:27

対の刃で ちょんと切ろ
首と胴とが 泣き別れ

首は海のそこ
冷たく暗き そこで待つ
星が一条 おつる日の
見えずを知りて おきながら
小さきほ

...省略されました。全て読むにはこちら

melty suger

投稿日:2018-08-02 14:55:24

風に揺れる、なびく柔らかな髪は陽に当たって

微細に輝くから。

僕の視線は、いとも簡単に奪われてしまう。

それくらい、魅力あるきみを
放ってお

...省略されました。全て読むにはこちら

早朝の夢物語

投稿日:2018-07-31 23:52:37

近ければ近いほど

遠ざかるのが怖くて

遠ければ遠いほど

あなたを少しずつ忘れてゆく

嫌だよ…嫌だ。

近くなんかじゃない

それ

...省略されました。全て読むにはこちら

約束

投稿日:2018-07-27 01:41:45

きっといつか巡り合うまでは 忘れないでいよう

出会えないとしても 君が残した足跡 

辿って繋げていくよ最後まで

時々寂しい気持ちはあるけれど

...省略されました。全て読むにはこちら

ぬばたまの夜、山神と星

投稿日:2018-07-14 00:21:49

遠い山から里見る神は
夜の風に隠れ泣く

手元の灯りは弱く儚く
届かぬ夜景は永久に輝く

幾度も裏切る人の光が
心を燻り亡くし荒れ果て
木々に

...省略されました。全て読むにはこちら

距離

投稿日:2018-05-11 18:14:14

あなたに会いたい。あなたともっと一緒にいたい。あなたの声をもっと聞きたい。あなたに触れたい

そう思ってるのは私だけなのかな。あなたは何も思わないのかな。

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-04-05 02:32:01

海に滴る雨よ
私を空に連れて行って
あなたの生まれた空へ
孤独の海から私を連れ出して
途方もなく遠い雲の海と
ひとりぼっちの海を
あなたの雫が繋ぐ限

...省略されました。全て読むにはこちら

それでも好き

投稿日:2018-03-16 07:51:39

いつも「良くできました」って、優しくほめてくれるね。
だけどその度に、私は子供なんだなって、自覚するの。
私がもっと早く生まれて、先生と出会って居たらな、っ

...省略されました。全て読むにはこちら

幻影

投稿日:2018-02-19 13:11:01

輝く川面を見るたび思い出す
美しくこの世という川を泳いでいた君という光を

君という光は
時にまっすぐ過ぎて人のレンズには屈折して見えてしまうけど

...省略されました。全て読むにはこちら

カナシキウタ

投稿日:2018-01-26 15:50:07

小さくつぶやく 想いがカタチになりますように
そんな夢も か弱く消えてく・・・夜の闇に・・・

ひとたび キミに夢中になって 底なしに 想いは深まって

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-01-20 00:55:51

今日も君はそばにいる
別に特別でもないように
いつもとなんら変わりなく

そんな皆に囲まれて
日々が過ぎてゆく
交わす言葉に代わりはない

しか

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-01-20 00:55:25

今日も君はそばにいる
別に特別でもないように
いつもとなんら変わりなく

そんな皆に囲まれて
日々が過ぎてゆく
交わす言葉に代わりはない

しか

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2018-01-20 00:54:55

今日も君はそばにいる
別に特別でもないように
いつもとなんら変わりなく

そんな皆に囲まれて
日々が過ぎてゆく
交わす言葉に代わりはない

しか

...省略されました。全て読むにはこちら

star

投稿日:2018-01-03 01:50:35

遠い
遠い存在
追いかける?
追いかけようとも思わなかった
でも君を目印にして歩いてゆけば
少しましな人になれるような気がする

迷惑はかけない

...省略されました。全て読むにはこちら

光陰

投稿日:2017-12-19 15:28:19

嵐の奥で離してしまった やわらかな温もりを見つけるため
翼を広げ カゴを飛び出した日は 今は昔
いつまでも響く足音が 飽きるほど円を描いていた
数多の迷い

...省略されました。全て読むにはこちら

望み彼方へ

投稿日:2017-12-10 16:00:42

眩む欲望と
遠い本望

…キミはどっちを選んでくれますか?

望み彼方へ

投稿日:2017-12-10 16:00:41

眩む欲望と
遠い本望

…キミはどっちを選んでくれますか?

歩く

投稿日:2017-12-02 22:13:56

あなたは歩くのがとても早い
私にはあなたには追いつけない

あなたは歩くのがとても早い
待って待ってと追いかけるけど

あなたは歩くのがとても早い

...省略されました。全て読むにはこちら

送り火

投稿日:2017-12-01 23:28:39

誰そ彼過ぎの夕月夜
浮かぶは赤い欄干と
佇む人の淡い白



遠い瞳が映すのは
過去の誰かの面影か
清かな風にも気づかずに



とても

...省略されました。全て読むにはこちら

Gibberish-words -意味をなさない言葉たち-

投稿日:2017-11-25 22:20:35

見落とした遠い冬
枯れかけの小鳥

降りしきる赤い庭に
寄り添うように立つ、君

おそらく近い未来
それは やって来ると、して

失くしたのは

...省略されました。全て読むにはこちら

風の音が聞こえる

投稿日:2017-11-18 23:47:46

唸っている

風は生き物のように

何かを運び

何かを流していく


この風が

私の中の

涙も吹き飛ばしてくれればいいのに

...省略されました。全て読むにはこちら

シアワセってなに?

投稿日:2017-11-15 12:03:52

わからない
この胸の苦しみは何?

息が出来なくなる
呼吸がはやくなる
自分の鼓動が聞こえる
汗が出ているのに寒い
足が動かせない、いや力が入らな

...省略されました。全て読むにはこちら

空を目指す

投稿日:2017-11-04 19:14:30

坂道をかけ登る

足をかけたペダルを
めいいっぱいの力で踏む

ギアはずっと重たいまま
ハンドルは正面をむいたまま

真っ直ぐに伸びる坂道を

...省略されました。全て読むにはこちら

「好きです!」

投稿日:2017-10-30 18:38:39

今日も日常は穏やかに通り過ぎる
君との距離は変わらないまま
遠い遠いこの場所から
ただ見つめるだけの私を変えたい!
精一杯叫んで
精一杯追いかけた

...省略されました。全て読むにはこちら

私の隣には

投稿日:2017-10-28 08:56:20

ヘッドホンを耳に押し当て
お気に入りの曲を聴いていた
いつの間にかイヤホンに代わり
私は右の耳にあなたは左の耳に
お気に入りの曲を聴いていた
聴き飽き

...省略されました。全て読むにはこちら

START!!

投稿日:2017-10-21 18:17:06


「まだまだいつかは…」   そうやって過ごしてきた過去

気付けばもう青春は通り越したの  

やりたいあれこれまだ全部胸の中なのに

「でもま

...省略されました。全て読むにはこちら

巡り合い

投稿日:2017-10-15 22:57:05

あなたは私に愛される為に生まれて来たんだと思うの
私は生まれる前にきっとあなたに愛されたから
私が出あう人たちもきっと
産まれる前に愛したり愛されたりした

...省略されました。全て読むにはこちら

巡り合い

投稿日:2017-10-15 22:57:04

あなたは私に愛される為に生まれて来たんだと思うの
私は生まれる前にきっとあなたに愛されたから
私が出あう人たちもきっと
産まれる前に愛したり愛されたりした

...省略されました。全て読むにはこちら

Knights of White Tiger

投稿日:2017-10-09 03:51:41

まだ僕たちは
眠らせてもらえないみたいだ
もういいだろう
防府(ほうふ)のあの子
もういじめないでよ
それより花見をしようよ
廊下橋(ろうかばし)が

...省略されました。全て読むにはこちら

満月の夜

投稿日:2017-10-07 16:50:51

ダメだって言われちゃえば(もっと…) 好きになっちゃう
自然の原理?  
怖いくせに  飛びたがるの 矛盾してんの?
…笑えちゃうじゃない
危険な街  

...省略されました。全て読むにはこちら

小さなあなた

投稿日:2017-10-07 16:41:50

小さなあなたが
同じくらいかそれより大きな机を   運びます

ふらついた足取りで  それでも、その小さな足でふみしめて  
少しずつ 少しずつ…  歩

...省略されました。全て読むにはこちら

フェンス

投稿日:2017-10-06 23:05:46

鉄格子の向こう  僕らの青い空が黒い飛行機に侵される


この向こうの空は  僕らの空だろう

この向こうの芝生は 僕らの地面だろう


切りつ

...省略されました。全て読むにはこちら

たぶん、あなたは星

投稿日:2017-10-06 23:04:07

嬉しい時は声を重ねてくれて 
苦しい時は涙の渦からすくいあげてくれる

恋でもない、けど誰より私の心にいるの。

そんな私の中のあなたの存在って、

...省略されました。全て読むにはこちら

たぶん、あなたは星

投稿日:2017-10-06 23:04:06

嬉しい時は声を重ねてくれて 
苦しい時は涙の渦からすくいあげてくれる

恋でもない、けど誰より私の心にいるの。

そんな私の中のあなたの存在って、

...省略されました。全て読むにはこちら

【短歌】大中小 小小中小

投稿日:2017-10-01 19:08:13


〈1〉
お一人様ですねとひとさし指が立ちひとりしかいないオレがうなづく

〈2〉
オレのだと思ったパスタが近づいて隣の席に置かれる真昼

〈3〉

...省略されました。全て読むにはこちら

no name

投稿日:2017-10-01 01:53:22

足が 水に沈んで
太ももの辺りまで来ている
夜の 水の中

海ではない 波がないから
湖でもないと思う
沼のような 水の中

温度はない
湿度

...省略されました。全て読むにはこちら

あお

投稿日:2017-09-29 21:34:01

冬の朝の空気をたっぷり吸い込んで

大きな声を出した


自然と唇から紡がれる言葉は

やがてメロディーを付け

遠い空へ飛んでいった

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る