「長い」ポエムを表示中

耳元で

投稿日:2018-11-04 18:00:22


耳元で囁いて

内緒話の続きをお願い。

ちょっぴりくすぐったいけど

やめないで。

私の鼓膜を包む
君のその優しい声を聴いていたいの。

...省略されました。全て読むにはこちら

そんな終わり方ヤダ!!

投稿日:2018-11-02 23:10:20

長い長い人生の中で

...省略されました。全て読むにはこちら

微熱

投稿日:2018-10-10 20:14:31

華麗なステップがたりない
踊るように生きてゆくには
今日ついた小さなウソが
気になって眠れないだろう

だけどはやく はやく帰りたい
今日はなんか

...省略されました。全て読むにはこちら

私を

投稿日:2018-09-16 20:29:32

長い長い前置きは要らないから
早く答えを聴かせてよ
無駄な時間は要らないから
その声で
私を好きと言って

...省略されました。全て読むにはこちら

遊び疲れた後に見た夕日

投稿日:2018-09-10 17:06:04

半ズボンのポケットに手を突っ込みながら
風船ガムを膨らましてた僕はもういない
「光陰矢のごとし」の言葉通り
いつしかくたびれた顔の大人になってた

...省略されました。全て読むにはこちら

蟲殺し男殺し

投稿日:2018-09-01 11:03:19

蜘蛛の糸と長い黒髪 麗しき乙女よ
容易に近づこうものなら 首にまきついてくる

嗚呼そのかわいた絹糸で何度巻き付かれたことか


...省略されました。全て読むにはこちら

時間

投稿日:2018-08-19 14:36:09

夏休みという 長い 長い 時間は

わたしに いろんなことをもたらした

それは たとえば かたづけに似たようなもの

なにかに 集中しようとした

...省略されました。全て読むにはこちら

僕と、君と、真っ黒な左手

投稿日:2018-08-10 00:32:22

初めて詩を書いたのはいつのことか
気付けば息をするように書いていた
だから上手くもなっていない
息をするのだって未だに下手くそだ

ただそれが、初めて

...省略されました。全て読むにはこちら

すみれ色のHUG

投稿日:2018-07-30 21:41:03

「すみれ色のHUG」

 その夏、あの街角で、水色のワンピースを着たきみと交わしたそのHUGは、ぼくの赤と白のボーダーのシャツと混じり合ってすみれ色だった

...省略されました。全て読むにはこちら

Chronicles

投稿日:2018-06-22 01:01:38

みんなが帰った夜
教室にこっそり残って
電気をぜんぶ消して
部屋を暗くしてみる

そうして見えてくるのは
自分の生きてきた過去
そのまま今に辿り着

...省略されました。全て読むにはこちら

apathy

投稿日:2018-06-05 21:25:27

感情が壊れたみたい
目の前に潰れた鳩の死体
どうやら僕は停まったみたい
なんだか世界がぼんやりと
動いてるような滲むような


空が青いって言われ

...省略されました。全て読むにはこちら

静子 の詩 *6

投稿日:2018-06-02 20:48:05

眠たい目をこすりながら、うつむいている。
机と頭をたまにぶつけながら、こつんと響いていく音を耳に入れつつ、

今日のアイシャドウを選んでいく、慣れた手つき

...省略されました。全て読むにはこちら

近くて遠い

投稿日:2018-05-29 04:31:08

貴女の瞳に映った朝焼け
僕の瞳に映ったのと
どれほどに 違いがある?
同じ景色 同じ時なのに

僕の隣 座っている
貴女のその手に触れたとして

...省略されました。全て読むにはこちら

迷子の円

投稿日:2018-05-21 21:09:12

迷子はこの世界をちゃんと歩いて行けるかな。
迷子はもうすでにたどり着いるのかな。
地図は燃えて灰になっている。
この街は長い間、もう廃墟になっている。

...省略されました。全て読むにはこちら

遮断

投稿日:2018-05-14 09:45:21

辛いことあって、長いこと耐えたけど
乗り越えられそうにない事だったら嫌だと思ったら
それはそういう生き物だとおもって
仕方ないと諦めて
遮断しよう

...省略されました。全て読むにはこちら

ドライブ

投稿日:2018-05-03 17:49:58

18歳になり
車の免許を取った
どんな車に乗るか
想像を膨らませる

最初は無難に軽自動車か
それともいきなりいい車に乗っちゃうか
考えた結果

...省略されました。全て読むにはこちら

500R

投稿日:2018-03-29 14:38:01

長い橋を渡って、
トンネルに入る。
何のことはなく。

太田川の河川敷を見渡し、
Rのゆるいカーブで
+40マイル=64km/h-まで出す。

...省略されました。全て読むにはこちら

フラグメンテーション

投稿日:2018-03-21 23:33:48

鋭い水晶の刃で切れ目を入れて
パーティの真ん中に運んでもらう。

みんなケーキは大好きだから。
待ってましたと飛びかかる。

長いナイフや短いナイフ

...省略されました。全て読むにはこちら

寿命

投稿日:2018-02-14 01:29:21

僕は何時まで生きられるだろう

僕の命があと一年だったら
がむしゃらに生きるだろう

僕の命があと二年だったら
一生懸命生きるだろう

僕の命が

...省略されました。全て読むにはこちら

新雪の朝に

投稿日:2018-02-02 20:38:59

乾燥した目に反抗するように景色がキラキラしている
美しいものを見たことをウソにしてしてしまうのはなぜ

早朝の線路
踏切に照らされた雪が幻想的で立ち止ま

...省略されました。全て読むにはこちら

髪の毛

投稿日:2018-01-30 22:30:43

肩よりも少し下の
私の髪を掬い上げて
「長い方が似合うね」なんて
「じゃああなたのために伸ばそうかな」
笑いあったのはいつの冬だったか

もう少しで

...省略されました。全て読むにはこちら

嗚呼、禁断の果実。

投稿日:2018-01-27 19:49:47

割とそういうのアタシ、嫌いじゃない

長い睫毛が淫靡に揺れる

震える唇は上手く重ならないし

別にだからと言って、やめようとは思わない

はっ

...省略されました。全て読むにはこちら

未来志向的過去依存態

投稿日:2018-01-24 01:46:50

忘れたふりして、二人向かい合い
ずっと隠し持っているのは、
多分、きっと、公然の秘密

氷でできたお城、溶け合ってサヨナラ
太陽が昇るまで、少しだけ待

...省略されました。全て読むにはこちら

駅前から大通りまで雪はなくなっていた

投稿日:2018-01-24 00:40:06


駅前から大通りまで雪はなくなっていた
まっすぐに悠々と歩いて
ひとつ角を曲がれば
真っ暗な陽の当たらない通路
雪と氷がガチガチに敷き詰められ
ツル

...省略されました。全て読むにはこちら

小雨ノ茨《ネムリヒメ》

投稿日:2018-01-07 00:03:29


deep sleep深き眠りへ
愛する者たちを残して
私は眠りにつくのです
____年もの永き時を、夢の世界で___

お父様もお母様も、家臣や犬

...省略されました。全て読むにはこちら

色ヲ失ッタ塔ノ上《ラプンツェル》

投稿日:2018-01-07 00:01:16

君の長い髪も優しい心も
全部全部大好きだった
文字通り、閉じ込めちゃいたいくらい……ね?

希望を失った虚ろな瞳
王子を待つことすら忘れた君は今

...省略されました。全て読むにはこちら

かわいい

投稿日:2017-12-23 22:42:20

例えば ぼくのせいで


きみたちの評価まで下がってしまうことがあるのなら


ぼくは喜んで 独り消え去ることを選ぶんだよ


ぼくは きみの

...省略されました。全て読むにはこちら

皮肉

投稿日:2017-12-13 19:40:16

まだまだこれからよ
もがき苦しむのは
始まったばかりなのよ
あなたの人生
長い戦いになるでしょう
私は知ってる
私がそうだったように
あなたもそう

...省略されました。全て読むにはこちら

僕は何を待っていたのだろう

投稿日:2017-12-12 23:31:25

恋は駆け引きだって言うから
珍しく君へ、メールを返信せずに待ってみた

いつも君は返信が遅くて、
多分考えてすらないだろうけれど
僕はその駆け引きに

...省略されました。全て読むにはこちら

冷える指

投稿日:2017-11-20 00:40:07

足の親指が冷え切って、すっかり冬だと思い知らされた
昔は季節が巡るのが好きだったな
時間がたつのは長かったな
夜はまるで遊園地
人生は長いって

...省略されました。全て読むにはこちら

風の音が聞こえる

投稿日:2017-11-18 23:47:46

唸っている

風は生き物のように

何かを運び

何かを流していく


この風が

私の中の

涙も吹き飛ばしてくれればいいのに

...省略されました。全て読むにはこちら

前髪

投稿日:2017-11-12 21:12:05

前髪が長いあなたが
私の好きな人なの

授業中はずっと寝てて
ふと顔を上げた時
前髪を直すのを
私は隣で見てました

春の少し寒い日
隣で歩い

...省略されました。全て読むにはこちら

【短歌】ほんとの話

投稿日:2017-11-02 23:11:28

「ほんとの話」

残念な人と言われることもある生きてるかぎり死なないかぎり

傀儡のライという字の右側の歯を見せた口みたいな三つ

宮城県聴覚支援

...省略されました。全て読むにはこちら

傷口

投稿日:2017-10-26 16:01:30

孤独は一人で悩む時間が長いほど、傷が深くなる。

会いたい 会えない

投稿日:2017-10-25 06:38:00

会いたい

時間が経ちすぎている

会えない

一秒が長い

忘れられている?

まだ覚えてくれている

僅かな望みに賭けたい気持ち

...省略されました。全て読むにはこちら

僕の一生

投稿日:2017-10-24 15:44:29


にゃんにゃんにゃん
僕は今日から『テト丸』になった。

にゃんにゃんにゃん
新しいお家、まだなれない。

にゃんにゃんにゃん
『裕太くん』は、

...省略されました。全て読むにはこちら

トンネルの先って…

投稿日:2017-10-22 18:49:11

冷たい雫が 体にあたる

そのせいなのか

短い道程なのに
そのはずなのに
一歩…その一歩が動けない

何も見えないその先に
ひかりはあるのだ

...省略されました。全て読むにはこちら

うそつき

投稿日:2017-10-21 18:14:07

いつも浮かぶ君の顔はどれも同じ
それは嬉しそうにさあ
それは幸せそうにさあ


……笑ってばっかだ

泣いてなんかないから
怒ったりもしないから

...省略されました。全て読むにはこちら

小さな彼女へ

投稿日:2017-10-18 11:07:39

早くに目覚めた朝
空気は冷たく
静かに流れる

心の中で、小さな彼女が泣いている

どうして泣いているの?

どうして光の届かない隅っこで

...省略されました。全て読むにはこちら

月の影

投稿日:2017-10-17 01:07:25

夜の闇に月の光

雲がかかって

影ができる

空を見上げる

この夜に

溶けてしまいたい


昼の太陽は強すぎて眩しい

月の

...省略されました。全て読むにはこちら

過ぎてく時間

投稿日:2017-10-10 00:11:38

ずっと待ってた
ただ待ち続けてた

いつか訪れるかも知れない
望みはただそれだけ

乾いた風が吹く大地で
長い、長い時を待ってた

風は聞く

...省略されました。全て読むにはこちら

孤独と勇気

投稿日:2017-10-07 22:49:35

孤独に感じる時は 自室にいる時で
外に出ると 弱さを見せられなくて

別に隠してる訳じゃないんだけど
暗い自分を晒すことに慣れないだけで
いつの間にか

...省略されました。全て読むにはこちら

窒息症

投稿日:2017-09-30 17:51:57

長い付き合いだって別れることがあるらしい


私は今何を考えてしまったの?

『あの子と貴方も別れることがあるかな?』なんて

もう忘れたはずなの

...省略されました。全て読むにはこちら

片道切符

投稿日:2017-09-24 22:43:57

なけなしのおこずかいで

僕が買ったのは片道切符

行き先は 君

帰っては来られない

だって片道切符だもん


でもそれで構わない

...省略されました。全て読むにはこちら

【欠片】

投稿日:2017-09-19 18:14:18

花の欠片かキラキラと

夢を映して舞い降りる

すべての欠片は拾えなくても

零れた欠片はあなたの手に


二人で紡いだ夢ならば

両手を

...省略されました。全て読むにはこちら

犬の詩

投稿日:2017-08-18 06:54:32

さぁ 急いで行くがいい
家路に向かい ヨロヨロと

首にぶら下がる見えない首輪
それから伸びる長い手綱を
握っているのは誰かの手だ

掌の温度を

...省略されました。全て読むにはこちら

分かってよ

投稿日:2017-08-17 23:55:10

わたしがあなたにあなたの肩書きや年齢やキャリアを聞いたとして、果たしてあなたの何がわかるのだろう

もちろんわたしはあなたの肩書きや年齢やキャリアは分かるけ

...省略されました。全て読むにはこちら

小さな青い花-5

投稿日:2017-08-07 18:55:19

父はシオリが手にしている小さな青い花を見つめて、最後に言いました。

「でも、シオリ…気を付けて。その花は魔性の花。
 その美しい輝きに後押しされて成功し

...省略されました。全て読むにはこちら

誰かのために

投稿日:2017-07-24 22:10:49


それなりに
ここまでの長い道のりを生きてきたけれど

未だに
わからない事が沢山あって


この世に自分が生まれてきた意味とか問われても

...省略されました。全て読むにはこちら

連星

投稿日:2017-07-09 23:29:03

私たちは二つ星

深い漆黒の世界、二人ぼっちで、つかず離れずクルクル正円を描いて回り続ける

私たちは二つで一つ

彼は深い青の星、私は緑の星

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る