「静か」ポエムを表示中

君があまりに優しいから

投稿日:2017-04-21 19:33:41

どこにも行けないのは
どこにも行きたくないから
僕はいくつになっても怖がりなまま
進むことさえできない僕に
君は優しく微笑んだ

君が笑うと世界はい

...省略されました。全て読むにはこちら

思い出と記憶

投稿日:2017-04-18 20:21:49

とまる事のない時間。

思い出から消えていく。次に記憶が。

少しづつだけど、着実に。

少しだけ残念に思ってしまうの何故だろう。

まだ望みを

...省略されました。全て読むにはこちら

不幸な料理店

投稿日:2017-04-13 01:55:57

悲しいことがあると、ぼくはそこへ向かう。
そこは、様々な不幸な人々が集う、秘密の料理店。

「今日のオススメメニューです」

静かに渡されたメニューに

...省略されました。全て読むにはこちら

風景

投稿日:2017-04-12 07:35:21

彼方に見える山々。  
その麓には桃の花。
足元に目を移すとセキレイが走り回り、聞こえるせせらぎ。
昔見た事のあるような風景の中に立っている私。
春光穏

...省略されました。全て読むにはこちら

風景

投稿日:2017-04-12 07:35:13

彼方に見える山々。  
その麓には桃の花。
足元に目を移すとセキレイが走り回り、聞こえるせせらぎ。
昔見た事のあるような風景の中に立っている私。
春光穏

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-03-24 18:32:06

 冷えた空気は
 景色を輝かせる
 街も   
 町も
 宝石のように輝く
 汚れのない冷たい空気は
 俺の心にどこかいたい
 ふと空を見上げる

...省略されました。全て読むにはこちら

グローブ イン トンネル

投稿日:2017-03-23 12:23:32

巨星たちが過ぎるトンネルに静かに入ってきた霧の粒子

蛙ノ恋

投稿日:2017-03-21 13:49:45

大きな葉の下で
葉の先から垂れる水玉を観ている
家に帰る途中、雷鳴が雨を連れてきた
葉がはじく水滴で視覚も聴覚も役にたたず
静かに佇むことにした

...省略されました。全て読むにはこちら

ワルツと毛布

投稿日:2017-03-20 10:18:08


無碍なダンス
カナビスを揺らした風
刺しつらぬくような光と
溺れるように抱いた水
朝焼けに似た夕焼けの含羞と感傷
咳と頭痛
自慰の快感
つぶれ

...省略されました。全て読むにはこちら

玩具箱の中の人形 一千万本の薔薇

投稿日:2017-03-16 22:49:20

頭が重い
脳内で肥大化を続けた腫瘍から
臭く黄色い膿が溢れ
脳を圧迫して潰してしまった
すると脳漿が溢れ
体積を増したゼラチン状の脳液達が
頭の形

...省略されました。全て読むにはこちら

夜を呼ぶ

投稿日:2017-03-12 21:13:57

醜い自分を隠したくて
私は今日も夜を呼ぶ
誰も来ないで 触れないで
私はひとりになりたいの

誰のことも好きじゃなくて
何より自分が一番嫌いで

...省略されました。全て読むにはこちら

泡沫の夢 肥溜めの詩

投稿日:2017-03-12 21:09:32

薄汚れた人生の最期
断末魔の瞬間に
ぼくはどんな言葉をほざくだろうか?

おそらく
「冷えた炭酸水が飲みたい」
と言うにちがいない

気泡が硝子

...省略されました。全て読むにはこちら

宇宙を味わう

投稿日:2017-03-10 11:18:39

何も考えず
目の前にあるパンを頂く
口の中でパンをしっかり噛みしめる
口の中で溶けていくエネルギーをしっかり意識する
いつしかそのエネルギーは私の中の無

...省略されました。全て読むにはこちら

褪めてしまった

投稿日:2017-03-09 23:11:08

午前4時のカーテンを開けば
澄んだ青が流れ込んでくる
責めもせず肯定もせず
ただ包み込んでくれる
そんな人ね 君は
だから好きだったんだ
あの時は気

...省略されました。全て読むにはこちら

いつまでも

投稿日:2017-03-09 20:29:28

いつまでも いつまでも 駆けていたかった
「何処か遠くへ」
そう零す声は
古い思い出の中で聞いた
夜行列車の汽笛にどこか似ている

その列車のシート

...省略されました。全て読むにはこちら

霧の中の桜・・・

投稿日:2017-03-05 20:19:15

傘をバスに忘れて
泣きじゃくってた幼い僕に
泣かないでって言って 慰めてくれた桜の花弁
なんで知ってたんだろう それが桜の花弁だって
霧で隠

...省略されました。全て読むにはこちら

夜が そっとほころぶ場所で

投稿日:2017-03-02 19:26:47

海鳴りがここまで聞こえる
青黒い水は 波頭の先で白い泡へと変わりながら
太古から続く 浸食の静かな音色を奏でた
天使のリュート 天上の賛美歌
天使を見た

...省略されました。全て読むにはこちら

おやすみなさい

投稿日:2017-02-24 15:12:38

まぶたを閉じて
暗い世界

意識が遠のいて
静かに、静かに・・・


よくがんばったね
だから、おやすみ

今までがんばった分
ゆっくりや

...省略されました。全て読むにはこちら

Silver fish on a ship

投稿日:2017-02-19 08:35:37



もう呪えないのだ
憎しみは遠く
インド洋を泳ぐ魚の銀色の鱗のように
打ち上げられた船上で
太陽の光を受けて虚しく輝く
呪うことも 愛することも

...省略されました。全て読むにはこちら

海月(くらげ)の唄

投稿日:2017-02-17 21:12:03


まずは言葉が必要だ
「「え?何?」」
だから言葉だって 聞いてたんだろう?

しっかりしろ
くだらぬ蜃気楼とおさらばだ
あぁ詩だっけ
書いた

...省略されました。全て読むにはこちら

後悔

投稿日:2017-02-16 18:29:53

なぜあんな言葉をいってしまったのだろう
いっても仕方がないとわかっていたのに
いえば不幸にするとわかっていたのに

日々ことあるごとに現実に歯向かってし

...省略されました。全て読むにはこちら

音織 音通り お帰りなさい

投稿日:2017-02-13 23:50:37

とても静かな時代があった
薄い庭梅色の時間が景色にじんわり溶けていて
夏の朝なんかはハトがぼぅぼぅと覇権をにぎるくらいの
そんな柔らかな時代

神様が

...省略されました。全て読むにはこちら

ないものねだり

投稿日:2017-02-03 23:34:19

僕がもってないもの、
ばかりがまぶしくみえる

きみがほしいのはなに?
カルティエ、プラダ?
あるいは湖のほとりの静かな家?

手にいれたら輝きは

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2017-01-31 22:03:38


透明な雫が黒い空から静かに落ちる

雫は濡れたアスファルトを照し

心の信号を写し出す

赤… 黄 …はたまた点滅か

そのぼやけた世界はど

...省略されました。全て読むにはこちら

#恋人

投稿日:2017-01-25 21:57:44

もしも君の傷ついた心を癒すことが

この自分の壊れた心に出来るのならば

この自分の壊れた体に出来るのならば

この自分の壊れた頭に出来るのならば

...省略されました。全て読むにはこちら

genocide for the silence

投稿日:2017-01-20 00:08:16

この世界は他人のものだ
何一つお前のものはない
かつてこの世界は調和がとれ
秩序によって守られていた
それを破る存在があらわれた
それがお前だ
サル

...省略されました。全て読むにはこちら

ひとり子供返り

投稿日:2017-01-19 20:30:49

こんな僕は望んでないけど、
エネルギーに反応しない僕に成ることは
望みたくない

在るべき姿は
光の塵は
僕にもずっと
この目を輝かせて欲しいから

...省略されました。全て読むにはこちら

マヤカシゴマカシ LOVE AFFAIR

投稿日:2017-01-17 11:45:41

いいお天気だ
夕べ彼らをBlockしたよ
スマホが軽くなった気がする
そんなスマホをポッケに入れてお出かけだ
足取り軽く10年ぶりスキップ
まだ1人残

...省略されました。全て読むにはこちら

春の風

投稿日:2017-01-12 19:46:17

近づいて触れずに行く春が
隣のあの子を染めました
春に染まるあの子を見ながら
一人静かに泣きました

涙がぽろりぽろろ
溜まって小川になりました

...省略されました。全て読むにはこちら

☆キミ

投稿日:2017-01-04 05:35:39

君と別れてから
全て、半分以下になった

音楽を聴いても
食事をしても
遊んでも
何をしても
楽しさも
嬉しさも
全て半分になった

なの

...省略されました。全て読むにはこちら

きらきらひかる

投稿日:2016-12-31 00:24:08

静かな夜に
おはようをして
少し冷たい優しさを感じた

何だか眠れなくて
何だか静かさが嬉しくて
1人の時間にうきうき
眠れない

星が包んで

...省略されました。全て読むにはこちら

はっぱ

投稿日:2016-12-10 10:43:35

雨音閉じれば陽だまりが
まあるいはっぱに声かける
もっと近くへよってもいいかしら?
はっぱはとてもよろこんで
緑を黃色に染めました
それを見ていたそよ

...省略されました。全て読むにはこちら

羽化

投稿日:2016-12-03 20:19:10

夜の森で
生まれたての羽を広げた
こもれる薄明かり
乗り越えた幾夜の闇
今夜は半月だから
星達が足りない光りを添えて輝いている

私はそれに励まさ

...省略されました。全て読むにはこちら

月の光と風の音

投稿日:2016-11-29 16:50:51

あなたの上を風が通る
カーテン越しに差し込む月の明かりが
まつげの先に光る

起こさないように
静かに静かに
息を潜めて
あなたを見てみる
さっ

...省略されました。全て読むにはこちら

これって愛?

投稿日:2016-11-27 18:52:25

あの人が泣いてたとき 私は笑顔だった
私が暗く落ち込んでたとき あの人は口笛吹いてた
神様はそっと微笑んで 私とあの人に糸を結んだ
ボロボロな

...省略されました。全て読むにはこちら

雨にも負ける

投稿日:2016-11-22 23:36:08

雨にも負け

風にも負け

雪にも夏の暑さにも負け

丈夫な身体をもたず

欲ばかり

怒りをおさめられず
いつも静かに怒っている

...省略されました。全て読むにはこちら

静かな午後

投稿日:2016-11-03 15:30:39

木の葉が色づく午後
静けさが辺りを包み
ただ雨音だけ

僕はコーヒーを飲みながら
読書に耽る

目に見える
穏やかな時間のながれにたゆたい

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2016-10-20 16:10:12

静かに囁いた
目的地へとまっすぐに向かう
言葉だった
それはただ通り過ぎた

涙を流して叫んだ
目的地へまっすぐに向かう
言葉だった
それはただ

...省略されました。全て読むにはこちら

赤とんぼはもういない

投稿日:2016-10-18 12:52:30

カラスが お宿に帰るころ
こがね色に
静かにほほえむ西陽を
背中にしょって
長いかげを ふみながら
帽子ふりふり 追いかけた

...省略されました。全て読むにはこちら

秋の入り口

投稿日:2016-09-30 21:03:56

涼やかな朝
ふと眠りから覚めて
外へと導かれるように歩いた

昨日より高い空
薄い青
ひんやりした空気が鼻腔 喉 気管 肺
すうっと通っていくのが

...省略されました。全て読むにはこちら

Autumn gold

投稿日:2016-09-24 23:20:49

密やかな黄金が私を染める

私はその輝きに魅了される

これはあなたの記憶なのだろうか

それとも舞い降りた追憶の輝きなのか

降り積もる黄金が

...省略されました。全て読むにはこちら

頭の中の母

投稿日:2016-09-15 20:04:32

頭の中に母がいて

あれしなさい これしなさいと命令する

頭の中に母がいて

あれをしなきゃ これをしなきゃと焦ってる
 
頭の中に母がいて

...省略されました。全て読むにはこちら

宴の夜

投稿日:2016-09-10 02:09:10

 



それは静かで とても騒がしい夜のこと

落ち着きのない風が黒い木々の眠りを妨げ
耳を塞いだ月も姿を隠す

誰も居ない、あなただけが歩

...省略されました。全て読むにはこちら

悲しみ、または君へ

投稿日:2016-07-06 17:44:19

君はいつも泣いていた
狭い部屋の中一人きり
どれだけ耳を塞いでも
その声だけは聞こえていた

僕が泣いているときは
何故か静かな君なのに
僕が笑っ

...省略されました。全て読むにはこちら

ミミズのこころ

投稿日:2016-06-19 20:47:50

ミミズのこころ

レンゲソウの花が言った
「あなたは優しくて 平和な方ですね ミミズさん」
「さあ……何のこと?」

...省略されました。全て読むにはこちら

都知事に必要な条件

投稿日:2016-06-16 10:42:35

必要なのは二つだけ。
ひとつは、やはり見た目、みてくれである。
二つ目は、生まれながらの清廉潔白、質素である事、この二つあれば充分だ。
具体的な政策、諸事

...省略されました。全て読むにはこちら

迷い子クラウディ

投稿日:2016-06-15 21:18:58

今にも降りだしそうな雲の下
傘は持たずに歩く線路沿い
知らない道を迷わずに歩く

アジサイと白い壁
足の下はアスファルト
青のリュックを背負って

...省略されました。全て読むにはこちら

紅い部屋

投稿日:2016-06-07 16:52:11


刻む時間閉じ込められた赤い部屋
時は静かに僕を裏切る
僕の隣に君はいた
鮮やかなる死に恐怖は薄れ
自分の手を見て驚いた
僕は誰?

僕の手に鮮

...省略されました。全て読むにはこちら

視界

投稿日:2016-06-04 15:55:09

僕を壊して?
眼球が笑う
ひとりでに動き出すvision
静かなる散らばる眼
君はそうして嘲笑ったね
黒に変わる
僕の世界は
君の赤さえも望めない

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2016-06-04 15:51:58

モノクロの世界歪んだ自己愛君は静かに
僕を裏切ったね
不規則な鼓動吹き出る冷汗
色は確かに其処に在った
赤い紅い鮮やかなる死
君は血の海に寝そべって僕

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る