「鮮やか」ポエムを表示中

いつかその日まで

投稿日:2017-10-22 02:02:55

あなたの目は鮮やかな紅葉を感じるためにあるの
あなたの耳は雨音を静かに聴き分けるためにあるの
あなたの鼻は花の香りを楽しむためにあるの
自然に体を預けると

...省略されました。全て読むにはこちら

こんばんは

投稿日:2017-09-24 22:38:20

「こんばんは」
月明かりに照らされた君の瞳が
大きく揺れて僕を見つめる

「こんばんは」
なんとなく返してみたら
心臓が痛い 締め付けられるように痛

...省略されました。全て読むにはこちら

夜に薔薇を咲かすもの

投稿日:2017-09-15 11:20:14

ぞわぞわとすゝむ時のなか
貴方がくだすつた金時計が
わたくしの袂で曖昧な時を刻んでゐる
わたくしは見通しのきかぬ闇を
必死に掻き分け
貴方が望んだ薔薇

...省略されました。全て読むにはこちら

夕暮れにつないだ小さな手

投稿日:2017-08-28 01:13:47

何度も流し
何度も拭い
何度も打ち消し
何度も受け入れ
何度も 何度も
それを繰り返しても
いつまでも終われない

その無邪気な笑顔が
壊され

...省略されました。全て読むにはこちら

夏は鮮やかすぎる

投稿日:2017-07-30 00:17:33

夏は鮮やかすぎる

痛いほどに照りつける太陽も、
それを反射するアスファルトも、
遠くに見える陽炎も、
嫌になるほど青い空も

薄暗い部屋で機械仕

...省略されました。全て読むにはこちら

記憶喪失

投稿日:2017-06-09 23:38:32

大事なことってなんだっけ。
すぐに忘れちゃうんだよね。

それが当たり前だと思っていた。
違う、それは染み付いた癖だったんだ。

どうして忘れてしま

...省略されました。全て読むにはこちら

恋色

投稿日:2017-06-09 23:09:32

君と目が合った瞬間

真っ白だった世界が

それはもう鮮やかに色付いた気がした

見えるもの全部が

愛おしく思えた

...省略されました。全て読むにはこちら

ぬいぐるみ

投稿日:2017-05-06 11:40:58

私の目に映る鮮やかな景色も
騒がしいけど心地いいこの音も
懐かしいと感じるこの匂いも

壊さないようにしまっても
気づかないうちに穴が空いて

...省略されました。全て読むにはこちら

風船が空に

投稿日:2017-05-04 21:36:51

風船の紐を手放したように
あっという間
あなたが消えてなくなった
スカイブルー

突き抜けるような
透明な空と同じくらい
私に明るさを注いでくれた

...省略されました。全て読むにはこちら

艷色

投稿日:2017-04-27 16:52:25

緑を纏い

鮮やかに揺れ

動く香りは

囀ずる蜜よ

蝶よ舞え

散り急ぐなと

艷色焼きつけ

子を待つ母心



...省略されました。全て読むにはこちら

私の風の行方

投稿日:2017-04-25 17:40:34

麗らかな空に誘われ
少し窓をあけた休日

あわただしく過ぎゆく毎日も
今日は少しだけ緩やかに

時を想う
過去に戻れないのを・・・
雲が流れゆく

...省略されました。全て読むにはこちら

積み木のような

投稿日:2017-04-19 09:35:43


積み木のようなそれが
曖昧な空域に
自分と重なるように積み上がっている
昨日より少し高くなった

畢命のうちのバベルにも思えるし
寒さをやわらげ

...省略されました。全て読むにはこちら

君の卒業

投稿日:2017-03-15 21:39:06

もうすぐ君はいなくなってしまうね
鮮やかに彩られた君はきっと美しくて
見てみたいと思うけれど
それは僕の目の前を去る時に見れるものだから
見たくないとも

...省略されました。全て読むにはこちら

一目惚れ

投稿日:2017-03-07 17:52:31

まるで、モノクロの写真に色がついたように、
世界が鮮やかに見えた。
まるで、突風が巻き起こったように、
目の前がチカチカとして、輝いて見えた。
その瞳に

...省略されました。全て読むにはこちら

夜が そっとほころぶ場所で

投稿日:2017-03-02 19:26:47

海鳴りがここまで聞こえる
青黒い水は 波頭の先で白い泡へと変わりながら
太古から続く 浸食の静かな音色を奏でた
天使のリュート 天上の賛美歌
天使を見た

...省略されました。全て読むにはこちら

べに

投稿日:2017-01-04 08:28:47

つやを失った唇に
赤い紅を指し
色を無くした頬にも
赤い紅を挿す

女は鏡を見る
時折聞こえる冬枯れの音
女は湿った髪を結び
後れ毛をわざと少し

...省略されました。全て読むにはこちら

日和

投稿日:2016-07-10 00:40:05

窓を開けて昨日の残滓を洗い流す
永遠と錯覚する日々は余りに無意味
でも風が吹けば無性に心地良いんだ

壊れたラジオはノイズを流し続ける
誰かに聞いて欲

...省略されました。全て読むにはこちら

夕焼け染まる

投稿日:2016-06-23 18:36:53

夕焼け染まる僕を見ている
結局すべては終わってしまった
過去の僕が僕をみている
思い出せるのは鮮やかな色か
何を思い僕は見てる
唯川辺で汚い水面をみて

...省略されました。全て読むにはこちら

紅い部屋

投稿日:2016-06-07 16:52:11


刻む時間閉じ込められた赤い部屋
時は静かに僕を裏切る
僕の隣に君はいた
鮮やかなる死に恐怖は薄れ
自分の手を見て驚いた
僕は誰?

僕の手に鮮

...省略されました。全て読むにはこちら

狂い

投稿日:2016-06-06 14:15:21

鮮やかなる色彩の
色づいたmemory
君は答えを急いで
僕を困らせたね

時が満ちる満月の夜
僕たちは破局した

そう僕には時間がない

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2016-06-04 15:51:58

モノクロの世界歪んだ自己愛君は静かに
僕を裏切ったね
不規則な鼓動吹き出る冷汗
色は確かに其処に在った
赤い紅い鮮やかなる死
君は血の海に寝そべって僕

...省略されました。全て読むにはこちら

相撲観戦

投稿日:2016-03-20 17:17:17

最近の技術力アップのおかげで、相撲のテレビ観戦が面白い、ハッキリ、スッキリ、クッキリと、細かい所まで鮮やかに見えるので、周りの客席を見るのがひとつの楽しみになっ

...省略されました。全て読むにはこちら

傍観者

投稿日:2016-03-15 23:57:21

今日、

肉食動物が、
草食動物を、

追いかけて、
食べる夢を見たんだ。

草食動物の肉は、
とても鮮やかなピンク色をしていた。

僕は

...省略されました。全て読むにはこちら

すりガラス

投稿日:2015-11-24 15:40:18

すりガラスごしの青空は
とても青く見える

ねむたいほどに鮮やかなそれは
どこかノスタルジーなにおいがして
全身をくるんで運んで行く

どこか遠く

...省略されました。全て読むにはこちら

標本作り

投稿日:2015-09-25 21:35:34

感情を
少しちぎって標本にする
それはほんの、ごく一部でしかないのだけれど
私は使い古された言葉しか持ち合わせていないから
これだけしか形を残すことがで

...省略されました。全て読むにはこちら

なかなか

投稿日:2015-08-08 21:32:57

なかなか
うまくいかないなあ
カナカナ
さびしそうに
虫がないてる
かなしいよなか

泣いたら
カラカラ
のどがかわいた
カラカラ
氷をか

...省略されました。全て読むにはこちら

虹色パレット

投稿日:2015-07-02 22:46:36

黒色は虹が混ざって

出来てる色なんだって?

それを知らず

僕はずっと

無垢な白が

美しいと思ってた


どんな色よりも

...省略されました。全て読むにはこちら

虹色パレット

投稿日:2015-06-30 00:46:39

黒色は虹が混ざって

出来てる色なんだって?

それを知らず

僕はずっと

無垢な白が

美しいと思ってた


どんな色よりも

...省略されました。全て読むにはこちら

色鮮やかな季節への催促

投稿日:2015-06-28 20:30:49

 真珠色の入道雲を浮かべ

 青色が匂うほどの空は

 明日よりも明後日よりも先へ広がっている


 日差しは照らす

 山の緑を

 灰

...省略されました。全て読むにはこちら

青い絵の物語

投稿日:2015-05-29 22:39:40


 いつか見た青い絵の物語

 時を経てもなお、記憶の中で鮮やかな青


 子供の頃に見た、一面の空と海

 風と影の間の光

 そこでは青

...省略されました。全て読むにはこちら

言葉遊び2

投稿日:2015-02-03 18:24:44

懺悔の十字架
神なる死
国王は臆病なピエロ
ポピュラーな楽器の音色
聞こえもしない音楽
蛍の日は近い
光はほろびた
ロケットには、乗れない
死ん

...省略されました。全て読むにはこちら

美しさ

投稿日:2014-10-30 21:27:38

1人1人の美しさがあるけどさ、
この世で一番美しいのはさ、
僕みたいなクズが見る景色だろうって、僕は思うよ。
僕はこの世界を暗く見たいのにさ。
世界はい

...省略されました。全て読むにはこちら

チャイルドエンド

投稿日:2014-09-28 05:57:33

眩しい黄色が胸を刺す頃
僕らはようやく終わりを感じる
命が死んでく沈黙を
僕ら自身の別れのにおいを



ずるいよね
どうにもならないことで縛る

...省略されました。全て読むにはこちら

フラッシュバックスプリング

投稿日:2014-09-26 17:45:09

死んだようにくすむ冬を越えて
今年も春がやってきた
暖かな陽の下で鮮やかに輝く 草も花も車も壁も
どこからともなく命のにおいがして
いつもは静かなこの街

...省略されました。全て読むにはこちら

天地(あめつち)をなげき乞(こ)い祷(の)み/尊氏

投稿日:2014-07-20 03:43:17

天地(あめつち)をなげき乞(こ)い祷(の)み

 最早 時は 潮流 止められはせぬ
 先が読めぬわけでもないのに
 何故に亡(ほろ)びに臨(のぞ)む?

...省略されました。全て読むにはこちら

全てピンク色だったから

投稿日:2014-06-01 02:15:07

あの日の貴女は

僕に花束をくれました

イキイキとした

綺麗なピンクの花でした

笑顔いっぱいの花でした

貴女は花と同じぐらい

...省略されました。全て読むにはこちら

透き通る桜【歌詞】

投稿日:2014-05-16 11:50:39

儚く揺れる 叶わないこの願い
繰り返し砕けた 絆をかき集め 抱きしめる夜
思い出は曖昧すぎて キレイに作り変えてある
舞い落ちる花びら つかむよう

...省略されました。全て読むにはこちら

ジェントルガール

投稿日:2014-04-28 16:07:40

薄汚れたベランダで肘をつき
黒い電線に遮られた空を見ている
淡い色 消え入りそうな青
こんなに頼りなげなものだったろうか


毎日円満で 健康で 大

...省略されました。全て読むにはこちら

夕焼けのおはなし

投稿日:2014-01-19 19:55:28

「この世界なんて…」と

幾度思ってきただろう

鮮やかな夕焼けも         無機質に見えた

所詮   物質同士が結びつきあってできたすべて

...省略されました。全て読むにはこちら

セピア色の夢。

投稿日:2013-08-30 23:42:21

アルバムの中の僕らは  ずいぶん色あせたのに…

思い出の中の僕らは   こんなにも鮮明なんだよ

瞳を閉じたら  すぐに思いだせる

君と僕が呼び

...省略されました。全て読むにはこちら

オブラートな世界

投稿日:2013-08-30 16:50:56

 天気は晴れているのに、心は晴れない。

 目の前に鮮やかな緑があるのに、何もこころがうごかない。

 どうしてなんだろう?

 疑問ばかり。

...省略されました。全て読むにはこちら

いつの間にか季節は巡り

投稿日:2013-08-24 21:08:29



いつの間にか蝉の声が消えて

コオロギの声が聞こえる

季節は巡り

秋が来る



あのときと変わらないコオロギの声

君と

...省略されました。全て読むにはこちら

小さな唄

投稿日:2013-08-03 10:44:38

小さな息を一つ吸って  未来は告げた
もうじき  すべて忘れちゃうから
誰もがきっと  『あの頃は』と思い出すことも
すぐ無くなるよ、と

当たり

...省略されました。全て読むにはこちら

春色  夏色

投稿日:2013-07-08 21:49:00

春が  忘れてった夢を      夏は  拾って集めてた

出逢いがくれた寂しい別れをそっと 再会として果たせるようにと


夜に散っていた桜の花

...省略されました。全て読むにはこちら

夏、来たる。

投稿日:2013-06-22 22:37:23

夏は    ……すきです。

その温度は暑くて、うっとおしいけれど
そんなときに頬張る味のない氷はなぜか  とても美味しいのですから


夏は  …

...省略されました。全て読むにはこちら

流れ星

投稿日:2013-05-12 15:21:44

「今日は流れ星が見れるよ」 
君はそう言って僕を誘った。浜辺で寝転がって流れ星を待った。

まだ流れない

まだ流れない

「あっ、」
「えっ、

...省略されました。全て読むにはこちら

僕道1号線

投稿日:2013-05-11 22:40:57

人生は人それぞれ違う。個性という鮮やかなもので整備された道を進んでいる。
「優しさ」という街灯で夜道を照らして、「悲しみ」や「迷い」の信号で立ち止まる。

...省略されました。全て読むにはこちら

隣の待ち人

投稿日:2013-04-16 22:51:09


私の隣に彼女は座っている。
彼女と過ごしてから、
毎日が彩り鮮やかに輝いた。

感情をぶつけて
喧嘩ばかりだったけれど、

彼女と過ごした日々

...省略されました。全て読むにはこちら

走り出したフェイタリスト

投稿日:2013-03-05 09:45:37

鮮やかな花も いずれは散る
それが宿命だと思っていた

いつからだろう 気付くとその後姿を探している
名前も顔さえ 何一つ知らない
手を伸ばしても た

...省略されました。全て読むにはこちら

投稿日:2013-03-04 17:00:40

その病にひとたび罹って仕舞うと、
貴方は途端に涙もろくなり、
悲哀に打ちひしがれ、
頭は尋常に働かなくなり、
常に或る事柄だけが胸を締め付け続ける

...省略されました。全て読むにはこちら



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

感情で探す!

↑ページの先頭に戻る