今日のポエムが明日の活力

同じように

投稿日:2009-04-10 18:26:57

あの時、一緒に歩いた川沿いの桜並木は今年も同じように薄い色の花が
たわわに枝を揺らす

花を見上げる振りをして、花よりも薄く淡く色づいた頬を、唇を眺めてた

いつもより少しだけ近い距離は、いつもより多い人通りを建前に
揺れて、冷たい指先が触れるほどだった

見上げた先の花が綺麗だと、教えるフリをして、
そっと指先を握った、あの日。

冷えた指先に、熱が生まれて、
見上げた桜色の頬に、夕焼けのオレンジが綺麗に見えて―――

あの時、一緒に歩いた川沿いの桜並木は今年も同じように薄い色の花が
たわわに枝を揺らすのに・・・

見上げた先に、桜色の頬も、唇も、
そっと握った指先も無い

同じ花の色と、夕焼けのオレンジが、滲んでゆれる

いいと思ったらクリック!→ おにぎり×8


このポイミの朗読

メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

↑ページの先頭に戻る