今日のポエムが明日の活力

瞬恋

投稿日:2018-02-13 01:46:39

ある日のこと
僕が買い物に出かけた日
通りすがりの公園の
桜が咲き始めたときだったと思う

僕の歩く反対側の歩道で
君は大きな看板を見ていた
たいしたことの書いてない
すぐに変えられてしまうような中身の
だから覚えてはないけれど

ただ
君から目が離せなかったんだ

顔の作りが綺麗なわけじゃないはず
だって遠くてよく見えないし
でも僕には君だけ明るく見えた
こういうのに理由ってないと思う

どこの誰かはわからない
大学が近いからそこの生徒だったのか
今はもうここには住んでないのだろうか
まったく君の情報を知らない
今でも君のことは何もわからない

ただ忘れられないんだ
二度と君には会えないと思うけどね

どこかでふと知り合えないかな
奇跡ってあればいいのに

いいと思ったらクリック!→ おにぎり×0

このポイミ!の感情



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

↑ページの先頭に戻る