今日のポエムが明日の活力

終わりの予言書

投稿日:2018-10-19 23:58:20

銀色の糸を垂らし
ゆっくりと船を漕ぐ

枯れた手のひらで
なぞる輪郭に
取り返せない日々を
痛みに似て思い知る

届くときには
届かないと信じるのに
届かなくなって
届いたかもしれないと思う

皮肉な心変わりは
後悔かもしれない
満足かもしれない

あの眩しい日々に
置いてきたものがたくさん
諦めたものがたくさん

すべてが愛おしくて
おはじきを数えるように
ひとつ、ひとつ、と

そして

やがて瞼が落ちるまで
ゆっくりと船を漕ぐ

いいと思ったらクリック!→ おにぎり×7

このポイミ!の感情



メールアドレス

パスワード

次回から入力を省略する

↑ページの先頭に戻る